Microsoft Outlookの添付ファイルマネージャにファイルタイプを追加する

Microsoft Outlookは、メールの添付ファイルを3つのリスクタイプ(高、中、低)に分類します。 OutlookはデフォルトのMicrosoft設定を使用して、ユーザーが添付ファイルを開こうとしたときに、ファイルのリスクが高、中、低のいずれであるかを判断します。

たとえば、ファイル拡張子.exeはリスクが高く、.txtはリスクが高くないため、リスクが低いファイル拡張子と見なされます。 Microsoftがファイルの種類を指定していない場合は、中程度のリスクと見なされます。 Microsoft Outlookは、ユーザーが高または中程度のリスクと見なされるファイルの種類を開こうとすると、警告メッセージをブロックまたは表示できます。

これはほとんどのユーザーにとっておそらく問題ではありませんが、特定の種類のファイル(たとえば、職場など)がたくさんある場合は、デフォルトの構成を変更して、その特定のファイルの種類のリスク設定を低くすることができます。あなたが何をしているかを知っていて、自分でファイルが危険かどうかを判断できます。

次のヒントは、新しいファイルタイプとリスクを追加するために必要な情報を提供します。これは、リスクが割り当てられていない多くのファイルを受け取り、それらを通常とは異なる評価で評価したい場合にも役立ちます。

Windowsでファイルタイプリスクを編集する

high risk files registry

カスタム設定をレジストリに追加する必要があるため、Windowsレジストリを開く必要があります。

  • Windows Rを押し、regeditと入力してEnterキーを押します。
  • レジストリキーHKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Windows CurrentVersion Policiesに移動します。
  • ポリシーキーを右クリックして、[新規]-> [キー]を選択し、そのキーにAssociationという名前を付けます。

3つのString値は、Outlook Attachment Managerのリスク設定への追加を定義します。彼らです:

  • HighRiskFileTypes
  • ModRiskFileTypes
  • LowRiskFileTypes

一部のファイルタイプを低リスクとして追加する場合は、新しい文字列を作成してLowRiskFileTypesという名前を付けます。キーの値をダブルクリックして変更できます。次に、ファイルタイプを追加し、「;」で区切ります。 .exeと.aviを値として追加するには、そのフィールドに「.exe; .avi」という文字列を追加します。

グループポリシーエディター

attachment manager file types

グループポリシーエディター(ほとんどのWindowsプロフェッショナルバージョンでサポートされています)にアクセスできる場合は、そのインターフェイスでファイルのリスク評価を変更することもできます。

  1. Windows-Rを押して実行ボックスを表示します。
  2. gpedit.mscと入力し、キーボードのEnterキーを押します。
  3. グループポリシーエディターが開いたら、次のパスに移動します。ローカルコンピューターポリシー>ユーザーの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>添付ファイルマネージャー
  4. ここでは、低、中、高の3つのリスクタイプのポリシーを確認できます。

デフォルトでは有効になっていません。それらの1つまたは複数を編集するには、ポリシーをダブルクリックして、有効に切り替えます。追加したら、ファイル拡張子を包含リストに追加できます。

ここで変更を加えると、それらは自動的にレジストリに追加されるため、理論的にはそこのエントリも編集できます。