今後のすべてのWindowsServerリリースは10年間のサポートを受けます

今後のすべてのWindowsServerリリースは、10年間のサポートを備えた長期サービスチャネル(LTSC)リリースになります。 によると マイクロソフトに。 Windows Server 2022は、LTSCリリースとしてのみ提供される最初のリリースになります。

Windows Serverの長期サービスチャネルリリースは、5年間のメインストリームサポートと5年間の拡張サポートを受けます。主流のサポートは、Windows Serverリリースにセキュリティ更新と非セキュリティ更新を提供し、拡張サポートは、製品のセキュリティ更新の提供に重点を置いています。

マイクロソフトは、2〜3年ごとに新しいWindows Serverバージョンをリリースする予定であり、長期サービスチャネルのリリースとなるため、それぞれに10年のサポートが提供されます。

Windowsサーバー2022ltsc

新しい長期サービスチャネルでリリースされたWindowsServerは、Microsoftによると、新しい機能を受け取りません。セキュリティとセキュリティ以外の更新のみを受け取ります(後者は、ほとんどの場合、バグ修正を意味します)。

このチャネルは、システムに長いサービスオプションと機能の安定性を提供し、ServerCoreまたはServerwith DesktopExperienceのインストールオプションを使用してインストールできます。長期サービスチャネルは引き続きセキュリティと非セキュリティの更新を受信しますが、新しい機能は受信しません。

「コンテナとマイクロサービス」に焦点を当てたWindowsServerの半年ごとのチャネルリリース。これらは「 Azure Stack HCI '。

マイクロソフトは、更新されたメインストリームと拡張されたサポートの終了日を含む次の表を公開しました。

WindowsServerリリースバージョンビルド番号可用性主流のサポート終了日延長サポート終了日
Windows Serverバージョン20H2(半年ごとのチャネル)(データセンターコア、標準コア)20H219042.508.200927-19022020年10月20日2022年10月5日適用できない
Windows Serverバージョン2004(半年ごとのチャネル)(データセンターコア、標準コア)2004年19041.264.200508-22052020年5月27日2021年12月14日適用できない
Windows Serverバージョン1909(半年ごとのチャネル)(データセンターコア、標準コア)1909年18363.418.191007-01432019年12月11日2021年11月5日適用できない
Windows Server 2019(長期サービスチャネル)(データセンター、Essentials、標準)1809年17763.107.1010129-14552018年11月13日2024年9月1日2029年9月1日
Windows Server 2016(長期サービスチャネル)(データセンター、Essentials、標準)160714393.02016年10月15日2022年11月1日2027年11月1日

Windows Server 1909、2004、および20H2は、拡張サポートを受けられません。 3つのリリースはすべて、WindowsServerの半年ごとのリリースです。

以前にリリースされたWindowsServer 2016および2019リリースは、長期サービスチャネルリリースです。これらはそれぞれ2027年と2029年までサポートされています。

Windows Server 2022は10年間サポートされ、2021年末までにリリースされる予定です。新しいサーバーバージョン 現在 評価センターの公開プレビューで。

Microsoftは、2021年3月にクラウドブログで次の機能を強調しました。

  • 高度なマルチレイヤーセキュリティ
  • Azureとのハイブリッド機能
  • 柔軟なアプリケーションプラットフォーム

では、あなた :これに対するあなたの見解は何ですか(経由 デスクモッダー )。