ディスプレイの解像度を自動的に変更する

新しい光沢のある1920x1200モニターで特定の解像度用に設計されたアプリケーションを実行して、その解像度で操作するのがほとんど不可能であることを確認したことがありますか?ここでは、古いDOSゲームについてだけでなく、たとえば社内で開発されたプレゼンテーションやアプリケーションについても話します。基本的に、自動的にフルスクリーンになるあらゆる種類のソフトウェアは、これらの状況で問題を引き起こす可能性があります。

Res-o-matic 救助に来る。アプリケーションは、デスクトップを特定の画面解像度、リフレッシュレート、色深度に強制するプログラムショートカットを作成します。利用可能な最小画面解像度は640x480ですが、最大解像度はおそらくモニターによって異なりますが、私の解像度は1280x1024に設定されています。色深度は8、16、または32ビットに設定でき、リフレッシュレートもモニターによって異なり、LCDモニターを使用している場合は完全に無視できます。

最後にショートカットが作成されます-これを押すと、それに応じてディスプレイの解像度が変更され、後でアプリケーションが起動します。アプリケーションを終了すると、ディスプレイの解像度が元の解像度に戻ります。

change resolution automatically

Res-o-maticは非常に便利な小さな9キロバイトのツールです。アプリケーションを起動するたびに画面の解像度を自動的に変更する最も簡単な方法でしょう。

プログラムは、Microsoft Windowsオペレーティングシステムのすべての最新バージョンと完全に互換性があります。 64ビットバージョンのWindows 7 Professionalでテストしましたが、プログラムは想定どおりの動作をしました。ショートカットを実行すると、受け入れる必要があるUACプロンプトが表示されます。画面の解像度は自動的に選択した解像度に変わり、アプリケーションを閉じるとデフォルトの解像度に戻ります。

プログラムはサポートされている解像度のみを表示するため、ここで問題が発生することはありません。プログラムは、軽量で機能面でも優れています。