Windows Update後の再起動を無効にする

Windows Updateは必須のWindowsサービスであり、デフォルトで自動的に更新をダウンロードしてインストールします。これにより、Windowsユーザーは、Microsoftからリリースされるたびに常に最新のセキュリティアップデートを入手できます。

Windows Updateは、更新を適用できるようにコンピューターを再起動するように要求します。再起動により作業が失われたと一部の人が述べて、作業やその他のコンピューターのアクティビティを中断したため、インターネットはこの機能について不満を言うユーザーでいっぱいです。

一部のオペレーティングシステムでは、再起動を10分、1時間、または4時間延期するオプションが提供されている場合があります。プロンプトが再表示されても、ユーザーが手動でシャットダウンまたは再起動することを決定するまでそれを延期できるオプションがない場合、これを繰り返すことができます。

windows update

新しいWindows更新プログラムがコンピューターシステムにダウンロードされた後、PCの自動再起動をオフにするための3つのオプションを使用できます。自動更新を無効にすることは推奨されないため、ここで説明するオプションではないことに注意してください。

オプション1:Windows Updateサービスを停止する

これは一時的な解決策です。 Windowsでの更新のダウンロードとインストールを担当するサービスを停止します。サービスを停止すると、そのセッション中の自動再起動プロンプトが停止します。コマンドは、コマンドラインで発行するか、サービス構成メニューでサービスを停止して発行する必要があります。

コマンドを開くには、スタートメニューを開き、[すべてのプログラム]をクリックし、[アクセサリ]を見つけて、コマンドプロンプトエントリを右クリックし、管理者として実行することを選択します。コマンドプロンプトエントリへのパスは、インストールされているWindowsのバージョンによって異なる場合があることに注意してください。

または、Windowsキーを押して「cmd.exe」と入力し、結果を右クリックして、コンテキストメニューから[管理者として実行]を選択します。

次にコマンドを入力します net stop wuauserv Enterキーを押します。 Windows Updateサービスが正常に停止されたことを示すメッセージが表示されます。

stop windows update service

コマンドを発行することも可能です シャットダウン-a シャットダウンウィンドウが既に表示されている場合にシャットダウンを防ぐため(ウィンドウは..でシャットダウンします)。

オプション2:グループポリシーを使用する

グループポリシーは、Microsoft Windowsのすべてのエディションで使用できるわけではありません。通常、これを提供しないのはHomeエディションとBasicエディションです。

  • Windows XP:Windows XP Professionalでのみ利用可能
  • Windows Vista:Windows Vista BusinessおよびUltimate / Enterpriseで利用可能
  • Windows 7:Windows 7 Professional、Ultimate、Enterpriseで利用可能
  • Windows 8:Windows 8 ProおよびEnterpriseで利用可能
  • Windows 10:Windows 10 ProおよびEnterpriseで利用可能

グループポリシーエディターを起動するには、[スタート]をクリックし、実行ボックスに「gpedit.msc」と入力します。 Windows XPユーザーは、最初に[実行]を選択し、後でファイル名を入力する必要があります。

左側のサイドバーを使用して、[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [Windows Update]に移動します。

no auto-restart automatic updates

[スケジュールされた自動更新のインストールでは、ログオンユーザーに自動再起動しない]オプションを探します。エントリを右クリックして、メニューから[編集]を選択します。新しいウィンドウが開きます。 [有効にする]を選択してオプションを有効にします。

自動更新は、スケジュールされたインストールを完了するために、コンピューターが自動的に再起動するのではなく、ログオンしているユーザーがコンピューターを再起動するまで待機することを指定します。

ステータスが[有効]に設定されている場合、ユーザーがコンピューターにログインすると、スケジュールされたインストール中に自動更新によってコンピューターが自動的に再起動されません。代わりに、自動更新はユーザーにコンピューターの再起動を通知します。

これを有効に設定すると、ユーザーがシステムにログオンしている限り、PCが自動的に再起動しなくなります。

disable restart after windows update

このエントリは、Windowsのバージョンによって異なる場合があることに注意してください。上記はWindows 7 Professionalに有効です。

オプション3:Windowsレジストリでオプションを構成する

Windows Updateの動作を永続的に変更する最後のオプションは、Windowsレジストリにあります。スタートボタンをクリックし、実行フォームにregeditと入力して、Windowsレジストリを開きます。レジストリエディターが開きます。

キーを探します HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdate AU 。存在しない場合は作成してください。

新しいDword(32ビット)を作成して名前を付ける NoAutoRebootWithLoggedOnUsers 。機能をオンにするには、値を1に設定します。これにより、自動再起動ウィンドウが変更され、再起動を延期するオプションが表示されることに注意してください。この機能はWindows 7ですでに有効になっているため、Windows 7ユーザーはこの機能を必要としません。一方、Windows XPユーザーは、更新を延期するオプションを取得します。

ボーナス:怠惰なソフトウェア

上記のプロセスの一部を自動化するために、いくつかのプログラムが作成されています。フリーウェア Windows Updateの再起動Nagをオフにする たとえば、Windows Updateサービスが実行されると、サービスが停止します。別のソフトウェアは 自動再起動リムーバー (公式にはWindows XPでのみ動作)

Windowsでの更新後の自動再起動をどのように処理しますか?