DNS Jumper 2.0は、より優れた自動化オプションを取得します

GoogleやSymantecなどのいくつかの企業や組織が、2009年に独自のパブリックDNSサービスを開始しました。

ほとんどはまだこれらのサービスを提供していますが、最近の新しいサービスの発表や更新は、ニュースを滅多に壊さないようです。

DNSジャンパーの最初のバージョン 同じ年にその著者によって解放されました。当時は、Windowsでマウスボタンをクリックするだけで、選択したプロバイダーのDNSサーバーにすばやく切り替える機能が提供されていました。

著者は長年にわたってプログラムを改善しました。たとえば、アプリケーションに速度テストを追加して 最速のDNSプロバイダーを見つける 、数日前にアプリケーションのバージョン2.0をリリースしました。

DNS Jumper 2.0には、既存のユーザーと新しいユーザーが間違いなく役立つ新しい機能セットが同梱されています。コアインターフェース自体は変更されていません。起動時にネットワークアダプターとDNSサーバーのメニューが表示され、初期選択に使用できます。

dns jumper 2.0

カスタムDNSサーバーを追加し、必要に応じてIPv4からIPv6 DNSに切り替えることができます。そこには、利用可能な最速のサーバーを見つけるためのDNSサーバー速度テストと、DNSキャッシュをフラッシュするか、現在選択されているサーバーを手動で適用するオプションもあります。

新しいリリースでは、ベンチマークがいくつかの点で改善されました。最初の新機能は、既存のすべてのサーバーを使用して完全なベンチマークを実行するのにかかる時間を改善します。また、一部のサーバーは、プログラムのバージョン2.0で以前のバージョンにはなかった情報を返すことに気付くかもしれません。

作成者は、pingが値を返さない場合に別のresolveメソッドに切り替える自動オプションを追加しました。

Turbo Resolveオプションを有効にすると、テストを完了する時間が大幅に短縮されます。結果を手動で調べて使用可能なサーバーの1つを選択することもできますが、新しい起動パラメーターを使用して起動時に速度テストを実行し、最速のサーバーを自動的に適用することもできます。

dns speed test

必要に応じて、サーバーを追加、グループ化、および削除することができます。これは、新しい起動オプションを使用する場合に非常に役立ちます。これにより、テストして有効にするサーバーを制限できるためです。特定のサーバーを選択したくない場合は、DNSサーバーのリストからそれらを削除して、そうであることを確認できます。

プログラムのグループサポートは、もう1つの便利なオプションです。グループは、他のサーバーから分離するDNSサーバーのリストです。 DNSジャンパー2.0には、デフォルトグループの他に、2つのグループファミリーDNSとセキュアDNSが付属しています。

独自のグループを作成および管理できるため、アプリケーションに国固有のグループなど、新しいグループを追加することは理論的には可能です。

DNS Jumper 2.0は、DNSリストのエクスポートとインポートをサポートしています。オプションはプログラム設定にあります。

import dns server

これは、プログラムを複数のシステムで使用し、カスタムDNS情報またはグループを追加した場合に役立ちます。

おわりに

DNS Jumper 2.0はWindows用のポータブルプログラムで、デフォルトのDNSサーバーのリストからサーバーを削除したり、カスタムサーバーを追加したりするなど、簡単にカスタマイズできます。

DNSベンチマーク、新しい自動ベンチマークおよび設定オプション、インポート/エクスポート機能に加えられた改善により、優れたプログラムがさらに改善されました。