KB4601382 For Windows 1020H2ビルド19042.844をダウンロードします

マイクロソフトは最近、Windows 1020H2をに移行する新しいアップデートKB4601382をリリースしました。 ビルド19042.844 Windows10ベータ版およびリリースプレビューリングのユーザー向け。同時に、OSをにアップグレードするベータチャネル専用の新しいオプションビルドもリリースしました。 バージョン21H1 (ビルド19043.844)。あなたは私たちのブログ投稿でそれについて読むことができます。

このアップデートでは、オペレーティングシステムにいくつかの修正と改善が導入され、ビルドが次のようにアップグレードされます。 19042,844

Windows 10v20H2ビルド19042844 KB4601382

クイックサマリー 隠れる 1 v20H2のKB4601382(19042.844)の新機能 2 Windows 10 Insider Preview Build19042.844をインストールする方法 3 Windows 10 InsiderPreviewの更新をロールバック/削除する 4 WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

v20H2のKB4601382(19042.844)の新機能

更新パッケージKB4601382は、Windowsに新しい機能を追加せず、既存の機能にいくつかの機能拡張を追加するだけです。ただし、このアップデートでは、テスト中に発見された多くの新しい問題が修正されています。この新しいリリースで改善された点のリストは次のとおりです。

  • Internet Explorer 11が更新され、中国語の言語パックに関連するメモリリークの修正が含まれるようになりました。
  • デッドロックを引き起こすCOM +コールアウトの問題が解決されました。
  • 一部のアプリが別のユーザーとして実行として実行された場合の問題に関連する問題を解決しました。
  • Windows Out of Box Experience(OOBE)が修正され、予期しない画面が表示されるようになりました。
  • 複数のサブスクライバーが同じイベントを同時に受信するとデッドロックが発生する問題‌‌‌‌‌‌‌が修正されました。
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)モニターに誤って表示されるリフレッシュレートが修正されました。
  • CADアプリケーションに関するOpenGLの問題は解決されました。
  • 低遅延モニターでのビデオ再生のちらつきの問題が修正されました。
  • エディターへの文字列の入力をブロックすることがある入力方式エディター(IME)の問題が解決されました。
  • デスクトップウィンドウマネージャー(DWM)がリモートデスクトップセッションでハンドルと仮想メモリをリークする問題が解決されました。
  • 起動時に時々発生する停止エラーに対処しました。
  • [設定]-> [アカウント]-> [サインインオプション]ページを開いたときに、Windows Hello for Business(WHfB)証明書の信頼のインストールが遅れる可能性がある問題が解決されました。
  • キーボードの一部のキーが‌‌カナ‌‌モード‌‌in‌‌日本語‌‌IME‌‌に‌‌‌‌‌‌で応答しない問題は解決しました。
  • Microsoftは、以前のすべての‌‌表示‌‌‌画像‌‌を‌‌‌‌ユーザー‌‌アカウント‌‌プロファイルから削除しました。
  • ‌‌‌‌間違った‌‌‌言語‌‌‌‌表示‌‌オン‌‌a‌‌コンソール‌‌後‌‌変更‌‌‌
  • PowerShellプラグインがデータをフォーマットすると、Windowsリモート管理サービス(WinRM)が機能しなくなる問題が解決されました。
  • WMI名前空間のセキュリティ設定が適用されるたびにヒープリークが発生するWindowsManagement Instrumentation(WMI)サービスの問題が修正されました。
  • 特定のハードウェア構成でゲームを起動した後に発生する画面レンダリングの問題が修正されました。
  • ユーザーエクスペリエンス仮想化(UE-V)がオンになっているときにローミング設定があるアプリケーションの起動タイミングが改善されました。
  • 信頼できるMITレルムのプリンシパルがActiveDirectoryドメインコントローラー(AD DC)からKerberosサービスチケットを取得できない問題が解決されました。
  • Microsoft Defender forEndpointによる高いCPUとメモリの使用率に対処しました。
  • Microsoftは、Microsoft365エンドポイントのデータ損失防止およびインサイダーリスク管理ソリューションの機能を強化しました。
  • Microsoft Edgeを使用して信頼できないWebページにアクセスしたとき、または信頼できないMicrosoftOfficeドキュメントを開いたときに表示されていたエラーが削除されました。
  • wevtutilがXMLファイルを解析できない問題が修正されました。
  • 楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)が165バイトではなく163バイトの無効なキーを生成するときにエラーを報告できない問題が解決されました。
  • Microsoftは、新しいChromiumベースのEdgeを割り当てられたアクセスシングルキオスクアプリとして使用するためのサポートを追加しました。
  • 最大伝送ユニット(MTU)よりも大きいユーザーデータグラムプロトコル(UDP)ブロードキャストパケットの問題が修正され、破棄されました。
  • WinHTTP AutoProxyサービスが、プロキシ自動構成(PAC)ファイルの最大存続時間(TTL)に設定された値に準拠しない問題が修正されました。
  • WinHTTP Webプロキシ自動検出サービスは、動的ホスト構成プロトコル(DHCP)によって返される無効なWebプロキシ自動検出プロトコル(WPAD)URLを無視するように改善されました。
  • ユニバーサルプリントキューは、適切な封筒メディアタイプを選択可能な出力用紙タイプとして表示するようになりました。
  • Microsoftインターネット印刷プロトコル(IPP)クラスドライバを使用している場合、ランダムな用紙サイズは表示されなくなります。
  • Windowsは、更新されたプリンター機能を取得できるようになったため、ユーザーは適切な選択可能な印刷オプションのセットから選択できます。
  • マイクロソフトは、特定のプリンターで長辺の最初の紙送り方向を使用する印刷ジョブの穴あけおよびステープル位置のサポートを更新しました。
  • IKEEXTサービスが断続的に動作を停止しないように修正されました。
  • Non-Volatile Memory Express(NVMe)デバイスが適切な電源状態に入るのを妨げる問題が解決されました。
  • で停止エラー7Eが発生する問題 sys ネットワークファイルシステム(NFS)を実行しているサーバーで修正されました。
  • User ProfileServiceが低速または高速のリンクを正常に検出できない問題が解決されました。
  • Wordフォルダの使用中にメタデータロックの競合が発生する問題が修正されました。
  • dfslogによって新しいキーがシステムレジストリに追加されました。そのパスは、HKEY_Local_Machine->ソフトウェア-> Microsoft-> dfslogです。このキー内にファイルされたRootShareAcquireSuccessEventには、次の可能な値があります。
    • デフォルト値 1 =ログを有効にします
    • 1以外の値=ログを無効にします
  • マイクロソフトは、クライアントからサーバーへの要求のチェックイン理由を追加することにより、Open Mobile Alliance(OMA)デバイス管理(DM)同期プロトコルを更新しました。これにより、同期セッションについてより適切な決定を下すことができます。
  • デフォルトでは、Windowsインターネット(WinINet)のトークンバインディングは無効になります。
  • 日本語IMEを使用してアプリケーションに漢字を入力するときに誤ったふりがな文字が表示される問題が解決されました。

Windows 10 Insider Preview Build19042.844をインストールする方法

Windows Insider Programベータ版またはリリースプレビューチャンネルに登録している場合は、WindowsUpdatesを通じて新しい更新プログラムを自動的に受信します。ただし、待たずにアップデートをインストールしたい場合は、次の方法で実行できます。

  1. 次の場所に移動します。
    Start Menu -> Settings -> Update & Security -> Windows Update
  2. 今クリック アップデートを確認する 右側にあると、コンピューターは新しく利用可能な更新のスキャンを開始します。
  3. スキャンしたら、をクリックします ダウンロード中 インストールが開始されます。

残念ながら、このビルドのWindows 1020H2で使用できるスタンドアロンインストールISOはありません。さらに、マイクロソフトは、この更新プログラムに関する既知の問題や障害を認識していません。

Windows 10 InsiderPreviewの更新をロールバック/削除する

何らかの理由でインストールされたプレビューアップデートを保持したくない場合は、いつでもOSの以前のビルドにロールバックできます。ただし、これは、新しいアップデートをインストールしてから10日以内にのみ実行できます。

10日後にロールバックするには、このトリックを適用する必要があります。

WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

Windows Updateのインストール後にスペースを節約したい場合は、次のコマンドを実行できます。

  dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore  
  dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup