2021年7月のWindows10累積更新プログラムのダウンロード(KB5004237 + KB5004245)

月の第2火曜日が過ぎ、MicrosoftはWindows 10、Windows Server、Microsoft Officeなどを含むすべての製品の更新をリリースしました。これらは重要な更新であるため、コンピューターで自動更新が有効になっている場合は自動的にインストールする必要があります。

いつものように、アップデートをインストールする前に、しばらく待って重要なファイルのバックアップを取ることを常にお勧めします。更新プログラムがコンピューターにスムーズにインストールされるというマイクロソフトの保証はありません。マイクロソフトは更新プログラムをリリースする前に広範なテストを行っていますが、更新プログラムによってコンピューターが使用できなくなる可能性があります。

この記事では、主に2021年7月のWindows10の累積的な更新について説明します。 クイックサマリー 隠れる 1 KB5004237 2 KB5004245 3 オフラインインストーラーをダウンロードする 3.1 Windows10バージョン21H1の場合 3.2 Windows10バージョン20H2の場合 3.3 Windows10バージョン1909の場合 4 累積的な更新をアンインストールします 4.1 WindowsUpdate履歴ツールを使用して更新プログラムをアンインストールする 4.2 コマンドラインを使用して更新をアンインストールする 5 WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

KB5004237

以来 Windows10バージョン2004 、バージョン20H2とバージョン21H1は同じコアオペレーティングシステムを共有し、それらのアップデートは類似しています。これは、3つのWindows10バージョンすべてに対してKB5004237がリリースされたのと同じ更新です。

KB5004237は、Windows 10の多数の重大なセキュリティ上の欠陥を修正します。合計68の脆弱性が修正され、そのうち4つが重大で、64が重要です。 4つの重大な脆弱性は次のとおりです。

  • スプーラのリモートコード実行の印刷
  • MSHTMLプラットフォームのリモートコード実行
  • Hyper-Vリモートコード実行
  • スクリプトエンジンのメモリの破損

私たちが見るとき Microsoftサポートページ 、ハイライトとして以下を指定します。

  • ユーザー名とパスワードの検証に関する更新。
  • Windowsのセキュリティを強化するために設計されたアップデート 基本的な機能を実行するとき。
  • この更新により、特定のプリンターでの印刷の問題が解決されます。この問題はさまざまなモデルやブランドに影響しますが、主にUSBポートを介して接続されているプリンターに影響します。

その他の修正と更新には、次のものがあります。

  • CVE-2020-17049の施行モードが追加されました。 PerformTicketSignature設定のサポートを削除します。
  • Advanced Encryption Standard(AES)暗号化保護を提供します。
  • プライマリリフレッシュトークンが強力に暗号化されない脆弱性を修正します。トークンは、有効期限が切れるまで、または更新されるまで再利用できます。
  • Windowsアプリ、Windows管理、Windowsの基礎、Windows認証、Windowsユーザーアカウント制御(UAC)、オペレーティングシステムのセキュリティ、Windows仮想化、Windows Linux、Windowsカーネル、Microsoft Scripting Engine、Windows HTMLプラットフォーム、Windows MSHTMLプラットフォーム、およびWindowsのセキュリティ更新プログラムグラフィック。

この更新プログラムをインストールすると、3つのWindowsバージョンすべての更新されたOSビルドは次のようになります。

  • Windows10バージョン21H1 >> 19043.1110
  • Windows10バージョン20H2 >> 19042.1110
  • Windows10バージョン2004 >> 19041.1110

KB5004245

KB5004245がWindows10バージョン1909用にリリースされました。 サポートページ Microsoftからの情報。 Windows 10バージョン1909は2021年5月11日にすでにサービスの終了に達しているため、それ以降のバージョンよりも安全性が低いと予想される場合があります。 Windows 10バージョン21H1は安定したWindowsの最新バージョンですが、試してみることもできます Windows 11 、Windowsの次期バージョン。

KB5004245は、KB5004237とほぼ同じ脆弱性を修正します。

  • ユーザー名とパスワードを確認するための更新。
  • Windowsが基本的な操作を実行するときのセキュリティを向上させるための更新。
  • Advanced Encryption Standard(AES)暗号化保護を追加します CVE-2021-33757
  • 安全 Windowsのアップデート アプリ、Windows管理、Windowsの基礎、Windows認証、Windowsユーザーアカウント制御(UAC)、オペレーティングシステムのセキュリティ、Windows仮想化、Windows Linux、Windowsカーネル、Microsoft Scripting Engine、Windows HTMLプラットフォーム、Windows MSHTMLプラットフォーム、およびWindowsグラフィックス。

オフラインインストーラーをダウンロードする

これらの更新プログラムは、インターネットに接続していなくても、関連するバージョンのWindows10がインストールされている任意のコンピューターにインストールできます。 Windows 10のバージョンとプラットフォームの要件に従って、以下のオフラインインストーラーをダウンロードします。

Windows10バージョン21H1の場合

Windows10バージョン21H164ビット用のKB5004237をダウンロード [587.6 MB]

Windows10バージョン21H132ビット用のKB5004237をダウンロード [271.3 MB]

Windows10バージョン20H2の場合

Windows10バージョン20H264ビット用のKB5004237をダウンロード [587.6 MB]

Windows10バージョン20H232ビット用のKB5004237をダウンロード [271.3 MB]

Windows10バージョン1909の場合

Windows10バージョン190964ビット用のKB5004245をダウンロード [526.3 MB]

Windows10バージョン190932ビット用のKB5004245をダウンロード [327.2 MB]

アップデートをインストールするには、ダウンロードしたMSUファイルを実行して Windowsは累積的な更新プログラムを自動的にインストールします

Runを起動して入力すると、現在のWindowsビルドを確認できます。 ウィンバー

上記のいずれかに関連するその他のアップデートをダウンロードするには、 Microsoftカタログ

累積的な更新をアンインストールします

更新プログラムで問題が発生した場合に、コンピューターで更新プログラムをアンインストールする方法に関するクイックガイドは次のとおりです。

WindowsUpdate履歴ツールを使用して更新プログラムをアンインストールする

  1. 次の場所に移動します。
    Start Menu ->Settings –> Update & Security –> Windows Update
  2. 右側のペインから、をクリックします 更新履歴を表示します。
  3. 今クリック アップデートをアンインストールする
  4. 選択する MicrosoftWindows用の更新 関連する更新名を入力して、 アンインストール ボタン。

コマンドラインを使用して更新をアンインストールする

コマンドプロンプトにいくつかのコマンドを入力して、更新を削除することもできます。方法は次のとおりです。

  1. コマンドプロンプトを開く (実行–> cmd )。
  2. 次のコマンドを実行します。
    wmic qfe list brief /format:table
  3. これにより、コンピューターにインストールされているすべての更新プログラムが表示されます。関連する更新がリストにあることを確認してください。
  4. アップデートをアンインストールするには、次のコマンドを実行します
    wusa /uninstall /kb:UpdateName
    交換 UpdateName 更新からの番号で。たとえば、アンインストールする更新プログラムがKB5001337の場合、次のコマンドを入力します。
    wusa /uninstall /kb:5001337

アップデートがアンインストールされたら、コンピュータを再起動します。

WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

Windows Updateのインストール後にスペースを節約したい場合は、次のコマンドを実行できます。

  dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore  
  dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup