再設計されたスタートメニューと新しいクロムエッジを備えたWindows10バージョン20H2ISOをダウンロードする

マイクロソフトは、私たち全員が待ち望んでいたWindows10の最新の更新プログラムをリリースしました。 Windows 10 20H2 。以前はWindowsInsider Programでリリースされていましたが、2020年10月の更新プログラムが、一般に公開されている安定バージョンにようやく移行しました。

Windows 10を新しいバージョンに更新すると、オペレーティングシステムの正確なビルドが19042.572に変更されます。 クイックサマリー 隠れる 1 Windows 1020H2の技術仕様 2 Windows10バージョン20H2ISOイメージをダウンロードする 3 Windows 10 20H2の新機能は何ですか? 3.1 再設計されたスタートメニュー 3.2 パーソナライズされたタスクバー 3.3 改善された通知管理 3.43.4 高度なリフレッシュレート設定 3.5 新しいChromiumEdge 3.6 強化されたタブレットエクスペリエンス 4 Windows 1020H2のインストール方法 5 Windows 1020H2からの削除/ロールバック 6 WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

Microsoftは、リリースに名前を付ける際の番号付け規則から英数字規則に移行しました。したがって、バージョン番号。このリリースのバージョン2009ではなく20H2です。

マイクロソフトは、技術者だけでなく、一般の人々にも理解しやすいと考えています。 20H2は、ビルドが2020年の後半にリリースされたことを表します。

新しいアップデートがテーブルにもたらすものを見てみましょう。

Windows 1020H2の技術仕様

  • コード名 :Windows 10 20H2
  • 建てる :19042.572
  • 発売日 :2020年10月20日
  • カーネル:WinNT 10.0
  • アーキテクチャ:ARM64、x64、x86
  • 言語:35以上の言語で利用可能
  • SKU:Education、Enterprise、Home、Pro(N、KN、および中国語版も含まれています)。
  • 価格:この更新プログラムは、すでにWindows10を使用しているすべてのユーザーに無料で提供されます。
  • システム要件:システム要件はそれほど変わっていません。すでにWindows10を実行している場合は、問題ありません。システムは、次の最小要件を満たしている必要があります。
  • 推奨される要件は、最小要件よりもはるかに多くなります。
32ビットの場合は1GB、64ビットのWindows10の場合は2GB
HDDスペース32GB
CPU1GHz以上
x86またはx64命令セットと互換性があります。
PAE、NX、SSE2をサポート
64ビットWindows10用のCMPXCHG16b、LAHF / SAHF、およびPrefetchWをサポートします
画面の解像度800 x 600
グラフィックスWDDM1.0ドライバーを搭載したMicrosoftDirectX9以降

Windows10の最小システム要件

更新サイズは比較的小さいようです。これは、の既存の機能をアクティブ化する機能更新で​​あるためです。 バージョン2004 それは休眠状態でした。

Windows10バージョン20H2ISOイメージをダウンロードする

以下のリンクを使用して、Windows 10v20H2のISOイメージをダウンロードできます。

Windows10バージョン20H264ビット英語 (5.7 GiB、114,821ヒット)

Windows10バージョン20H232ビット英語 (4.2 GiB、31.808ヒット)

より多くの言語が必要な場合は、私たちで使用されている手法を使用できます Windows10ダウンロードページ

ISOイメージをダウンロードしたら、次を使用できます。 Rufus 新規インストールを行うか、古いバージョンからアップグレードします。起動可能なドライブを作成せずに、ISOから直接Windows10をインストールすることもできます。

Windows 10 20H2の新機能は何ですか?

マイクロソフトがリリースすると 機能の更新サービスパック 毎年、Windows 10 v20H2は機能の更新であり、Microsoftが今年の後半にリリースする規則です。このバージョンは、Windows環境のユーザーインターフェイス(UI)に、ユーザーの便宜のために導入された他のいくつかの機能とともに、より熟練した外観をもたらします。

今後のWindowsバージョンで利用できる新機能のいくつかを見ていきましょう。

再設計されたスタートメニュー

スタートメニューは、ユーザーの目を引くように再設計されています。背景の単色を削除し、アイコン自体を強調表示することで、コンピューターのテーマを補完するように作られています。スタートメニューは一般的に、より魅力的に見えるように少し透明になっています。

パーソナライズされたタスクバー

マイクロソフトは、Windows 1020H2のユーザーエクスペリエンスをこの種の最高のものにするために取り組んできました。タスクバーが自動化され、ユーザーが最もよく使用するプログラムやアプリケーションを固定できるようになりました。たとえば、ユーザーが頻繁に電話をコンピューターに接続すると、電話アプリがタスクバーに固定されます。

改善された通知管理

Windows 10には、ユーザーが通知トレイの通知プロンプトをカスタマイズできるフォーカスアシスト機能が付属しています。ただし、フォーカスアシストには独自の通知があり、気が散ることがありました。 20H2アップデートでは、フォーカスアシスト通知はデフォルトでオフになっています。

さらに、通知をトレイに移動するだけだった以前の矢印ボタンとは対照的に、通知を閉じるポップアップ通知にXボタンが追加されました。

高度なリフレッシュレート設定

さまざまなリフレッシュレートをサポートするモニターを使用しているユーザーは、Windowsの設定から直接好みの設定を簡単に切り替えることができるようになりました。新しいカテゴリが導入されました リフレッシュレート の中に 高度な表示設定 ユーザーが好みの設定を選択できる場所から。

新しいChromiumEdge

Windows 10 20H2には、デフォルトのブラウザーになるように設定された新しいChromiumベースのMicrosoftEdgeブラウザーが付属しています。従来のEdgeブラウザは削除されました。新しいEdgeには、InternetExplorerモードも含まれています。

また、 Alt +タブ ショートカットキーは、マルチタスクを楽しむ人々にとって大きな時間の節約になります。アップデートをインストールした後、Settings -> System -> Multitaskingに移動できます。 Alt + Tabショートカットキーの動作をカスタマイズします。次のオプションのいずれかを選択できます。

  • Edgeでウィンドウとすべてのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の5つのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の3つのタブを開く
  • ウィンドウのみを開く

強化されたタブレットエクスペリエンス

新しいアップデートでは、ユーザーはタッチセンサー式デバイスを使用し、キーボードを接続せずにタブレットモードに直接移行します。これにより、ユーザーがデスクトップモードからタブレットモードに移行するかどうかを選択するために使用していた通知が削除されます。

偶発的な接触を排除するためにタイル間のスペースを増やすなど、インターフェイスに他の変更も加えられました。

Windows 1020H2のインストール方法

すでにWindows10を使用している場合は、更新プログラムがWindowsUpdateサービスを介してプッシュされます。以下の手順を実行して、更新を手動で確認できます。

  1. 次の場所に移動します。
    Start Menu -> Settings -> Update & Security -> Windows Update
  2. 今クリック アップデートを確認する 右側に。
  3. スキャンが完了したら、をクリックします ダウンロード その後 インストール インストールを開始します。

Microsoftは、Windows Updateを介してユーザーが新しいバージョンを利用できるようにすることを徐々に進めており、WindowsUpdateを介してこの更新プログラムをインストールする順番が来るまでに数週間かかる場合があります。

Windows 1020H2からの削除/ロールバック

何らかの理由で、インストールされているアップデートv20H2を保持したくない場合は、いつでもOSの以前のビルドにロールバックできます。ただし、これは、新しいアップデートをインストールしてから10日以内にのみ実行できます。

10日後にロールバックするには、このトリックを適用する必要があります。

WindowsUpdateのインストール後のクリーンアップ

Windows Updateのインストール後にスペースを節約したい場合は、次のコマンドを実行できます。

  dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore  
  dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup