Windows Server 2019(ISO、VHD、Azure)をダウンロードする

マイクロソフトがリリースしてから約2年になります Windows Server 2019 。 Windows Insiders for Serversで利用可能になった後、2018年10月に一般公開されました。

Windows Server 2019には、ローカルリソースとAzureリソースを管理するためのハイブリッド機能のサポートに加えて、Windows Server2016よりも優れたその他の高度な機能が付属しています。

この記事では、Windows Server 2019の主な機能について説明し、ダウンロード先からのリンクを提供します。

今、あなたはすることができます Windows Server 2022ISOをダウンロードする マイクロソフトから。 クイックサマリー 隠れる 1 システム要求 2 Windows Server2019の機能 2.1 Azureとのハイブリッド適応性 2.2 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI) 2.3 Windows Admin Center(Project Honolulu) 2.4 セキュリティの改善 2.5 改良されたコンテナ 3 Windows Server2019をダウンロードする 4 締めくくりの言葉 5 関連する質問

システム要求

Windows Server 2019をインストールして実行するには、デバイスに次の最小限のリソースが必要です。

  • 少なくとも1.4GHzの64ビットプロセッサ。
  • 2GB RAM(GUIベースのインストール用)。
  • ハードドライブに最低32GBの空き容量。
  • PCIeアーキテクチャに準拠したネットワークアダプタ。

システム要件の詳細については、 ここ

Windows Server2019の機能

Microsoftは、Server 2016、2012 R2など、以前のバージョンとは異なる新しい機能と特性を新しいServer 2019に導入しました。ここでは、注目に値するいくつかの強調表示された機能を示します。

Azureとのハイブリッド適応性

Server 2019は、オンプレミス(ローカル)リソースとクラウドベースのリソースの両方と互換性があります Microsoft Azure 。 ITプロフェッショナルは、Azure Backup、ディザスタリカバリ、ストレージ移行サービスなどのローカル機能とクラウド機能をすべて単一のWindows Server2019プラットフォームから使用できるようになりました。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)は、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、管理などの基本的なデータセンター要素をすべて1つのソフトウェアに統合したソフトウェアです。この機能は、追加のハードウェアコストなしで、ミニチュアデータセンターのすべての機能を取得することを目的としています。

マイクロソフトは、半年ごとのチャネルリリースを通じてこれらの機能を更新します。これは、毎年2回の更新を意味します。 Windows Server 2019では、Microsoftは最新のHCIを構築するために以前のすべての更新を組み込んでいます。これは、Windows Server 2019に組み込まれた蓄積されたデータセンター機能を提供することにより、ソフトウェアベースのデータセンターに依存している企業にメリットをもたらします。

Windows Admin Center(Project Honolulu)

Server 2019のリリースに先立ち、Microsoftもリリースしました Windows Admin Center 。そのコードネームはProjectHonoluluでした。最近、Microsoftは管理センターの安定バージョンをリリースしました。

Windows Admin Centerの主な目的は、その環境でServer 2019、2016、および2012R2を実行しているGUIベースのデバイスとCLIベースのデバイスの両方を管理することです。アプリはローカルにデプロイされ、ブラウザベースです。

セキュリティの改善

セキュリティを強化しなければ、不完全なサーバーアーキテクチャでした。そのため、マイクロソフトはServer2019にWindowsDefender Advanced Threat Protection(ATP)を組み込んでいます。これは、マルウェアとゼロデイエクスプロイトの一般的な動作を検出し、それらを自動的にブロックして、ユーザーに危険を警告します。

マイクロソフトは、ユーザーが環境を保護するのを支援する組み込みのマルウェア検出器を引き続き組み込み、セキュリティプロトコルの層を追加します。

改良されたコンテナ

Windows Server 2019によってコンテナアーキテクチャが大幅に改善されたため、開発者は安心できるようになりました。これらは以前よりも小さく効率的になり、オーバーヘッドコストとフットプリントを削減します。より小さなアプリケーションパッケージは、自動的にコストを削減し、他のプロジェクトのためにリソースを空けます。

Windows Server2019をダウンロードする

以下のリンクを使用して、さまざまなServer2019バージョンをダウンロードできます。

Server 2019の有効なライセンスをお持ちの場合は、 ボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)

ライセンスをお持ちでない場合は、 評価版をダウンロードする 提供されたリンクを使用します。評価版は有効期限が切れており、ライセンスを購入しないと180日後に使用できない場合がありますのでご注意ください。これが Windows Server 2019 Datacenter、Standard、およびEssentialsの価格表 。次の方法でServer2019ライセンスを取得することもできます。 VisualStudioにサブスクライブする またはを通じて マイクロソフトパートナーネットワーク

以下のガイドに従って、Windows Server 2019 ISO、VHD、またはAzureのバージョンをダウンロードしてください。

  1. に移動 マイクロソフト評価センター ダウンロードするServer2019のエディションを展開します。
  2. 次に、作成するダウンロードの種類(Azure、ISO、またはVHD)を下で選択します。 評価を開始します 次にクリックします 継続する
  3. フォームが表示されます。記入してからクリック 継続する
  4. 次に、ダウンロードする言語をドロップダウンメニューから選択し、[ ダウンロード 。次の言語でServer2019をダウンロードできます。
    • 中国語
    • 英語
    • フランス語
    • ドイツ人
    • イタリアの
    • 日本
    • ロシア
    • スペイン語

これで、選択した設定でダウンロードが開始されます。 ISOイメージをダウンロードした場合は、次を使用できます。 ベントイ それを展開するか、ハードドライブから直接インストールします。

締めくくりの言葉

組織で既にWindowsServer環境を使用している場合は、最新バージョンであるWindows Server 2019への移行を検討することをお勧めします。これにより、ハイブリッド機能や前例のないHCIなどの追加機能を備えたより安全なインフラストラクチャが提供されます。 Server 2019を使用すると、オンプレミスのデータセンターを拡張する必要がなくなり、Azureクラウドサービスを既存のインフラストラクチャに連結するだけで済みます。

関連する質問

Windows Server 2019を無料で入手できますか?

はい、マイクロソフトはWindows Server 2019の180日間の試用版を提供しています。試用版の後、ライセンスを購入する必要があります。

Windows Server 2019のどのエディションが利用可能ですか?

Windows Server 2019には、Essentials、Standard、Datacenterの3つの主要なエディションがあります。 3つのエディションはすべて、さまざまな規模の組織を対象としています。たとえば、Windows Server 2019 Essentialsは、合計25人のユーザーや50台のデバイスを使用する組織向けに設計されています。 Windows Server 2019 Standardは、仮想化とストレージのニーズがあまりない中小規模の組織に適しています。 Windows Server 2019データセンターは、仮想化、ストレージとレプリケーション、ソフトウェアベースのネットワーキングとストレージ、およびその他の高度な機能を必要とする企業に適しています。

Hyper-V専用のWindowsServer2019の最低限のエディションがあります。無料で使用できますが、グラフィカルユーザーインターフェイスは付属していません。コマンドラインを使用して設定を構成する必要があります。

Windows Server 2019はMicrosoftによってどのくらいの期間サポートされますか?

Windows Server 2019は、固定ライフサイクルポリシーに従います。これは、リリース日から最低5年間のメインストリームサポートと、一部の製品の延長サポートのための追加期間を意味します。 Windows Server 2019は、2018年11月13日にリリースされました。主流のサポートは2024年1月9日までで、延長サポートは2029年1月9日までです。

Windows Server 2019 Hyper-Vには何台の仮想マシンをインストールできますか?

Windows Server 2019 StandardEditionで2台の仮想マシンを実行できます。 DatacenterエディションのVMの数。

Windows Server 2019のどのエディションがインストールされているかを確認するにはどうすればよいですか?

PowerShellを開き、次のコマンドを実行します:

DISM /Online /Get-CurrentEdition

Windows Server 2019の評価からフルバージョンにアップグレードするにはどうすればよいですか?

180日間の試用期間が終了したら、サーバーソフトウェアをプロダクトキーでアップグレードする必要があります。アップグレードするには、PowerShellを開き、次のコマンドを実行します。

DISM /Online /Set-Edition:ServerStandard /ProductKey:ABC12-DEF34-GHI56-JKL78-MNO90 /AcceptEula

プロセスが完了したら、変更を有効にするためにサーバーを再起動する必要があります。