Fidoは、Windows ISOイメージのダウンロードに使用できるPowerShellスクリプトです

公式のWindows 10 ISOイメージを取得する方法はたくさんあります。 Windowsユーザーは、MicrosoftからMedia Creation Toolをダウンロードして、Windows 10の現在のバージョンのISOイメージをダウンロードできます。

サードパーティのソリューションに関しては、 アドガード 会社からISOファイルをダウンロードするためのMicrosoftサーバーへの直接リンクを提供するため、人気があります。

今日は、Windows 10 ISOイメージを取得する別の方法を検討します。モバイルキャリアや7-Upの人ではなく、Fidoの作成者からのオープンソースツールである ルーファス

Fido is a PowerShell Script which you can used to download Windows ISO images

それを実際にはPowerShellスクリプトなので、ツールと呼ぶのは少し奇妙です。 FidoはRufusに含まれており、公式のサーバーから直接Windows ISOイメージをダウンロードするためにUSBイメージ作成者が使用するツールです。

Rufusを使用してMicrosoftからISOイメージをダウンロードしようとすると、問題が発生する場合があります。よくあるエラーの1つは、ダウンロードオプションが有効になるのは、更新チェックが有効になっている場合のみです。 Fidoはスタンドアロンのダウンロードとしても入手できます。

Fidoをダウンロードして使用する方法

GitHubメインページ(記事の下の概要ボックスを参照)に移動し、「Fido.ps1」ファイルを右クリックして、「名前を付けてリンクを保存」を選択して、すぐに使用できるスクリプトのコピーをダウンロードします。

または

上記のスクリプトを左クリックしてブラウザーで開き、その内容をメモ帳にコピーして、手動で.PS1スクリプトとして保存できます。

注:リリースページから最新のソースコードzipアーカイブから取得することもできますが、スクリプトを実行するために追加のファイルは必要ありません。

スクリプトを入手したら、スクリプトをダブルクリックしないでください。スクリプトがメモ帳で開かれます。代わりに、それを右クリックして[PowerShellで実行]を選択します。または、PowerShellウィンドウを開いて、昔ながらの方法で実行することもできます。

Fido PowerShell Script download Windows ISO images

スクリプトを実行すると、最初に「お待ちください...」ウィンドウが表示されます。ウィンドウは数秒後に自動的に閉じ、新しいポップアップウィンドウであるFido-Retail Windows ISO Downloaderが開きます。

ここには2つのオプションがあります。Windows8.1またはWindows 10をダウンロードします。ダウンロードするオプションを選択して、[続行]をクリックします。さらに数秒後、ツールからさまざまなバージョンのWindowsを選択できるようになります。たとえば、Windows 10 19H2ビルド18364.418-2019.11(非常にわかりやすい名前のMicrosoft)を入手したい場合、それを選択して[続行]をクリックします。

次に、Fidoはダウンロードするエディションを選択するよう求めます。オプションは、選択したバージョンによって異なります。例を挙げれば、Windows 10 Home、Pro、またはEducationから選択できます。次に、目的の言語を選択し、その後にアーキテクチャー(64ビットの場合はx64、32ビットの場合はx86)を選択する必要があります。

そのダウンロードボタンをクリックします。ブラウザで新しいタブが開き、ISOイメージのダウンロードが開始されます。ダウンロードマネージャーがある場合は、URLを自動的にキャッチします( XDM 私のためにそれをしました)。 ISO選択プロセス全体は、慣れれば約10秒以内に完了します。

注:スクリプトはPowerShellウィンドウを閉じますが、もちろん、開いているブラウザータブからURLを取得できます。 Windows 10 LTSB / LTSC ISOはFidoでサポートされていません。

では、あなた :Windows ISOイメージをどのようにダウンロードしますか?

フィド

Windowsの場合

ダウンロード中