Firefox 12インラインオートコンプリート機能

Firefoxのアドレスバーに文字を入力すると、そのすぐ下に候補ボックスが表示されます。この候補ボックスには、過去にアクセスした、またはブックマークしたサイトが一覧表示されるため、クリックまたは下向きのカーソルを使用するだけでこれらのサイトにすばやくアクセスできます。のようなアドオン 選択してください Enterキーを使用して最初に表示される結果をロードすることにより、この機能をより快適にします。

Firefox 12に最近追加された機能は、ユーザーの間でいくつかの論争を引き起こしています。 Firefox 12は現在、Aurora、Beta、Stableチャネルに移行する前のNightlyチャネルで利用できます。つまり、Firefoxユーザーの大多数は、変更されていなくても、約13週間で新機能を体験できます。

Firefox 12では、ブラウザーにインラインオートコンプリート機能が導入され、アドレスバーに最初に一致したルートURLが表示されます。 Firefoxユーザーは、Enterキーを使用して、ブラウザにWebサイトを自動的にロードできます。

firefox inline autocomplete

ここでの2つの中心的な問題は、Firefoxがアドレスバーに最も人気のあるURLを表示していないことと、一致のルートタイトルのみを表示し、ページタイトルを表示していないことです。上のスクリーンショットでわかるように、文字wiを入力しても、en.wikipedia.orgまたは別の適切なヒットにオートコンプリートされませんが、記事を一度読んだサイトwisestartupblogにはオートコンプリートされます。

マウスまたはカーソルキーを使用してリストから推奨結果を選択することは引き続き可能であるため、既存の機能は実際には変更されていないと言えます。一方、この変更は視覚的なものであり、自動入力されるエントリの表示に慣れていないユーザーを苛立たせる可能性があります。重み付けがはるかに重くなる問題は、結果の選択方法です。ユーザーがアクセスする可能性が高いサイトを表示する代わりに、最初に一致したサイトが表示されます。これは、ユーザーがアクセスしたいサイトである場合もありますが、特に人気チェックが含まれていないため、そのサイトではない場合があります。

この機能を必要としないFirefoxユーザーは、この機能をオフにすることができます。以下にその方法を示します。

  • アドレスバーにabout:configと入力し、Enterキーを押して、Firefoxの詳細設定メニューをロードします。
  • 初めてユーザーが実際に構成にアクセスする前に警告ページが表示されます。
  • 用語のフィルター browser.urlbar.autoFill
  • ダブルクリックするとそれがfalseに設定され、機能がオフになります。

このプロセスを繰り返して、アドレスバーの自動入力を再度オンにすることができます。 (ありがとう ソレン 先端のために)