Firefox 57.0.3バグ修正リリース

Mozillaは、2017年12月28日にFirefox 57.0.3をリリースしました。このアップデートは、サポートされているすべてのオペレーティングシステム用のFirefox Webブラウザーのリリースチャネル用です。

リリースノートには、リリースで修正された単一の問題がリストされています。

ユーザーがオプトインせずにバックグラウンドのタブクラッシュレポートを誤ってMozillaに送信するクラッシュレポートの問題を修正します。

バグへのリンクは、適切な許可がないユーザーがアクセスできない保護されたページにつながります。ユーザーがオプトインしなかった場合でも、Firefoxはクラッシュに関するデータをMozillaに送信したようです。

firefox 57.0.3

Firefoxのブラウジング設定には、3つのTelemetry関連の設定が表示されます(about:preferences#privacy)。ユーザーは次のオプションを有効または無効にできます。

  • FirefoxがテクニカルデータとインタラクションデータをMozillaに送信できるようにします。
  • Firefoxにスタディのインストールと実行を許可します。
  • FirefoxがクラッシュレポートをMozillaに送信できるようにします。

最初の2つのオプションは、Firefox Webブラウザーのリリースバージョンをインストールするとデフォルトで有効になりますが、最後のオプションは有効になっていません。

Firefoxユーザーは、ブラウザーまたはタブのクラッシュに関するレポートが組織に送信されるように、クラッシュレポートをFirefox(オプトイン)に送信するオプションを有効にする必要があります。これらのレポートは、Mozillaがクラッシュを分析し、ブラウザーのユーザーに影響を与える問題を修正するのに役立ちます。

クラッシュレポートがオプトインでオプトアウトではない主な理由は単純です。これらのレポートには機密データが含まれている可能性があります。クラッシュ時のアクティブURL、技術データ、クラッシュ時のFirefoxのメモリコンテンツのダンプが含まれます。

Mozillaは、ダンプにはユーザーを識別するためのデータが含まれている可能性があると指摘しています。

クラッシュレポートには、クラッシュ時のFirefoxのメモリ内容の「ダンプファイル」が含まれています。これには、ユーザーを特定する、またはユーザーに機密性の高いデータが含まれる場合があります。

Firefoxの新しいバージョンはすでにリリースされています。ブラウザに自動的に表示されるまで待ちたくないFirefoxユーザーは、メニュー>ヘルプ> Firefoxについてをクリックして更新を確認できます。

新しいバージョンは 提供された Mozillaの公式Webサイトでも同様です。