Firefox Unbranded Buildダウンロード

ブランド化されていないFirefoxバージョンは、開発者が開発バージョンに署名することなくアドオンをテストできるように特別に作成されています。

Mozillaは少し前にアドオン署名を導入し、Firefox 48以降のStableおよびBetaでオーバーライドなしでこれを必須にします。

Firefoxの安定版とベータ版は、アドオン署名を上書きできなくなりました。 ユーザーが未署名のアドオンをインストールできないこと これらのブラウザのバージョンでは。これを回避するスイッチが今まで提供されていましたが、Firefox 48のリリースで削除される予定です。

Firefox ESR、開発者および夜間版 オーバーライド付きで出荷 署名されていないアドオンをインストールできるようにします。

これは、Firefoxの安定版およびベータ版に対して開発中のアドオンをテストしたいアドオン開発者に問題を引き起こしました。簡単に言えば、制限が適用されているため、開発バージョンに最初に署名しない限り、制限を設けることはできません。

しかし、これはいくつかの理由で実用的ではありません。まず、すべての新しいバージョン、および通常は開発中に十分なものが存在する場合、署名する必要があります。第2に、アドオン署名により開発時間が長くなります。

Mozillaはその問題を修正するためにFirefoxのブランド化されていないビルドを少し前に発表しました。最近、 非常に早いビルド 利用可能になりました。

Firefox Unbranded Buildダウンロード

firefox unbranded build

公式のエクステンション署名ページには、ブランド化されていないFirefoxビルドのダウンロードリンクがリストされています。現在、ベータビルドと開発リリースのみが利用可能ですが、Firefoxの最初の非ブランドの安定バージョンは、Firefoxがバージョン48にアップデートされる8月2日に利用可能になります。

ブランド化されていないFirefoxビルドは、サポートされているすべてのデスクトップオペレーティングシステムに提供されます。 Mozillaは、複雑でないように、ブランド化されていないビルド用に新しいFirefoxプロファイルを作成することをお勧めします。

さらに、これらの最初のビルドはバグが原因で発生しますが、手遅れに気づくとかなり面倒です。基本的に、これらのビルドはFirefoxのビルドを自動的にリリースするように更新される可能性があります。

これを回避するために、Mozillaでは、バグが解決されるまで当面は更新機能を無効にすることをお勧めします。

  1. ブラウザのアドレスバーにabout:configと入力します。
  2. 注意することを確認してください。
  3. app.update.enabledを検​​索します。
  4. 設定をダブルクリックします。

falseに設定すると、自動更新が防止されます。ただし、これは、当面の間、ブランド化されていない新しいバージョンのFirefoxを手動でダウンロードしてインストールする必要があることを意味します。

また、ブランド化されていないビルドを実行すると、StableまたはBetaではなくNightlyとして表示されます。

ブランド化されていないビルドでもアドオン署名要件を無効にする必要があります。

  • ブラウザのアドレスバーにabout:configと入力します。
  • 注意することを確認してください。
  • xpinstall.signatures.requiredを検索します。
  • 設定をダブルクリックします。

プリファレンスをfalseに設定すると、アドオン署名要件が無効になります。