iPodで切断しないように修正

コンピュータで使用中はiPodを取り外さないようにユーザーに警告することでデータの損失を防ぐため、Apple iPodには「接続解除しない」が実装されました。このメッセージは悲惨な結果をもたらす可能性があるため、ほとんどの場合、真剣に受け止めるべきです。 。たとえばファイルをiPodに転送し、操作中にiPodをPCから取り外した場合、後でデータの損失やファイルの破損が発生する可能性があります。

ただし、すべての転送が完了し、iTunesが閉じているにもかかわらず、「切断しないでください」というメッセージが表示される場合があります。しかし、心配しないでください。メッセージを非表示にするためにいくつかの方法を試すことができます。

コンピュータシステムでiTunesがまだ実行されている場合は、iTunesを閉じて、メッセージが消えるかどうかを確認します。そうでない場合は、再度起動して、画面右下の[ディスクの取り出し]アイコンをクリックします。

iTunesでiPodを取り出すと、基本的にはiTunesソフトウェアとiPodの間の接続が切断されるため、後で問題なくデバイスをコンピュータから切断できるはずです。

そうでない場合は、次のことを行う必要があります。 iPodがオペレーティングシステムに接続され、接続されたデバイスのリストに表示されます。

iPodを右クリックし、コンテキストメニューから[取り出し]を選択します。これにより、デバイスのリストからiPodが削除され、オペレーティングシステムへの接続が切断されます。それでもメッセージが表示される場合は、タスクマネージャーでiPodに関連するプログラムを検索して、プロセスを終了してください。

それでもiPodに「接続を解除しないでください」というメッセージが表示される場合は、接続を切断してみてください。 iPodと通信しているバックグラウンドで何も実行されていないことを確認してください。その時それは問題ではないはずです。