未署名のアドオンをFirefox DevおよびNightlyにインストールするための修正

Firefox DevまたはNightlyの最新バージョンを実行していて、署名されていないアドオンをインストールしようとすると、ブラウザが操作を完了できないというエラーメッセージが表示される場合があります(...により、このサイトは未確認のアドインをインストールできませんでした-オン)。

また、Firefox Nightlyに未署名の拡張機能がインストールされている場合は、最新のアップデートで無効になっていることに気づいたかもしれません。

Mozillaは2月に、 アドオンの署名システムを導入する 近い将来に。

システムは、Firefoxの安定版およびベータ版での未署名のアドオンのインストールを防ぎ、悪意のある不要な拡張機能のインストールからユーザーをより適切に保護します。

FirefoxのDevバージョンとNightlyバージョンにのみオーバーライドスイッチを追加して、署名のない拡張機能をそれらのバージョンのFirefoxに引き続きインストールできるようにすることを決定しました。

これは、アドオン開発者にとって特に重要ですが、Mozillaによって署名されていないアドオンを必要とするユーザーにとっても重要です。

Mozillaの現在の計画は、Firefox 40で警告を導入し、Firefox 41で無効化オプションを使用して署名済みアドオンを適用し、Firefox 42でその設定を再度削除することです。Firefox42以降、StableおよびBetaユーザーはこれを上書きできなくなりますこれは、署名されていない拡張機能をこれらのブラウザにインストールできなくなったことを意味します。

Firefoxの夜間ユーザーは、ブラウザーが未署名の拡張機能のインストールも現在ブロックしていることに気づいたかもしれません。

Mozillaは、FirefoxのDevバージョンとNightlyバージョンのアドオン署名を強制することを以前に明らかにしていませんでしたが、署名されていないアドオンのインストールが現在Firefox Nightly(現在バージョン42)でブロックされているため、このように見えます)。

現在EFF Webサイトから人気のあるHTTPS Everywhere拡張機能をインストールしようとすると、未確認のアドオンのインストールをNightlyがブロックしたというエラーメッセージが表示されます。

firefox prevent installation unsigned addon

互換性のあるアドオンにマークを付けるためにFirefoxアドオンリポジトリで署名が使用されているため、Mozillaがエラーメッセージで未検証という用語を使用し、署名なしではない理由は不明です。

この問題を解決するには、次の手順を実行します(Firefox 42がリリースされるまで、すべてのバージョンのFirefoxでこれが機能することに再度注意してください。そのリリースがヒットすると、DevおよびNightlyバージョンのみがスイッチをサポートします)。

  1. Firefoxのアドレスバーにabout:configを読み込み、Enterキーを押します。
  2. 警告メッセージが表示されたら注意してください。
  3. xpinstall.signatures.requiredを検索します。
  4. プリファレンス名をダブルクリックして、その値をfalseに設定します。

プリファレンスをfalseに設定したら、Firefoxに未署名の拡張機能を再度インストールできます。ブラウザを再起動する必要はありません。

install unverified addons

未署名のアドオンをインストールしようとすると、警告メッセージが表示されますが、インストールボタンが再び表示されるので、結局、インストールできます。

警告は次のとおりです。

注意:このサイトでは、未確認のアドオンをNightlyにインストールします。自己責任で進めてください。

おわりに

Firefox Nightlyユーザーにとって、Mozillaが署名されたアドオンを必須にすることに関してブラウザのデフォルト設定をtrueに設定したことは驚くかもしれません。

これを修正するのは簡単なので、これは当てはまりませんが、かなりの数のユーザー、特にFirefoxで署名されていないアドオンを実行しているユーザーを苛立たせる可能性があります。