WindowsでのVeraCryptの「自動修復」の問題を修正

VeraCryptは、ファイルの暗号化、暗号化されたコンテナの作成、ハードドライブとパーティション全体、さらにはシステムパーティションの暗号化に使用できる人気のあるオープンソース暗号化ツールです。システムパーティションを暗号化すると、システムの起動時にVeraCryptをロードするブートローダーがシステムに追加されます。パスワードを入力し、PIMが構成されている場合は、認証が正しい場合はシステムが起動します。

Windowsは、システムに独自のブートローダーを追加し、VeraCryptブートローダーの代わりにデバイスによって使用される可能性があるため、セットアップに干渉する可能性があります。これは、システムパーティションが暗号化されている場合に問題になります。 Windowsのブートローダーはファイルを見つけることができず、結果として修復オプションをロードします。

データを読み取ることができないため、修復は失敗し、自動修復メッセージ「自動修復はPCを修復できませんでした」が表示されます。システムがブートループに巻き込まれているため、再起動しても問題は解決しません。同じプロセスが何度も何度も起こります。

助言 :Windowsデバイスでの起動情報の自動変更を回避するには、UEFIインターフェイスでパスワードを設定します。パスワードを設定すると、Windowsはデータを操作できなくなり、問題が再発しないようになります。

問題を一時的に回避するオプションがある場合があります。マザーボードにブートローダーを選択するオプションが含まれている場合は、それを使用してVeraCryptブートローダーを選択できます。ただし、これはすべてのシステムに当てはまるわけではありません。自動修復インターフェイスで[詳細オプション]> [デバイスの使用]> [Veracryptブートローダー]を選択して、正しいブートローダーを使用してシステムを再起動することもできます。パスワードとPIMを入力すると、システムは正常に起動します。

自動修復の問題を修復する

Windowsブートローダー管理

問題を修復できる場合があります。基本的に、あなたがする必要があるのは、システムの起動時にVeraCryptブートローダーを使用するようにシステムに「指示」することです。 Booticeのようなプログラムがあなたを助けるかもしれません。これは、UEFIブートエントリを表示し、これらに関していくつかのオプションを提供する無料のプログラムです。

からプログラムをダウンロードします このサイト そして、あなたがそうした後にそれを抽出します。アプリケーションを実行し、昇格を許可してから、[UEFI]> [ブートエントリの編集]に移動します。

VeraCryptブートローダーを一番上に移動するだけです。ブートローダーエントリを選択し、「上」ボタンを使用してそこに移動します。すべてをそのままにして、閉じるを選択します。アプリケーションを終了し、Windowsを再起動します。

すべてが機能した場合は、起動時にVeraCryptパスワードプロンプトが表示されます。ブートマネージャーはその瞬間から再び使用されます。今後同じ問題が再発しないように、パスワードを設定することもできます。