Office 2007からOffice 2010への無料アップグレード期間が本日始まります

マイクロソフトは、6月15日にMicrosoft Office 2010の最終バージョンをリリースする予定で、リリース日直前に以前のバージョンのOfficeスイートを購入したユーザーに、いつものように無料アップグレードを提供しています。

マイクロソフト 発表した Technetで、Office 2007から2010へのアップグレードの無料アップグレード期間が本日から始まると述べました。つまり、今日からOffice 2007を購入した人は、新しいバージョンがリリースされたときにMicrosoft Office 2010にアップグレードできるということです。

プロセスは次のように機能します。

  • Office 2007、またはOffice 2007を搭載した新しいPCを購入し、2010年3月5日から2010年9月30日の間にアクティベートします。
  • Windows Live IDを持っているか、作成します。
  • 2010年10月31日までにwww.office.com/techgにアクセスして、技術保証を利用してください。

Microsoft Office 2010アップグレードは、ダウンロードとして、または有料でDVDとしてユーザーに提供されます。すべての小売業者が無料のOffice 2010アップグレードプログラムの一部であるわけではなく、顧客あたりのアップグレードは25に制限されていることに注意する必要があります。

また、顧客がマイクロソフトに申し出たときに、特定のバージョンのOfficeを入手できることに注意することが重要です。

アップグレードパスの完全なリストは次のとおりです。

アップグレードパス:

Office Ultimate 2007-Office Professional 2010
Office Professional 2007-Office Professional 2010
Office Small Business 2007-Office Professional 2010
Office Standard 2007-Office Home and Business 2010
Office Home and Student 2007-Office Home and Student 2010
Office Basic 2007-Office Home and Business 2010
Word 2007-Word 2010
Excel 2007-Excel 2010
PowerPoint 2007-PowerPoint 2010
OneNote 2007-OneNote 2010
Access 2007-Access 2010
Outlook 2007-Outlook 2010
Business Contact Manager 2007でのOutlook-Outlook 2010
Project Standard 2007-Project Standard 2010
Project Professional 2007-Project Professional 2010
Publisher 2007-Publisher 2010
Visio Standard 2007-Visio Standard 2010
Visio Professional 2007-Visio Professional 2010

さらに、以下の言語のみが無料アップグレードの対象です。

対象言語:

ブラジル、繁体字中国語、簡体字中国語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語/国際英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語、ロシア語、トルコ語

注:対象となるOffice 2007購入の言語によって、Office 2010製品の言語が決まります。

Microsoftは、アップグレードされたOfficeバージョンはOffice 2007バージョンと同じ言語になると述べています。

よくある質問をすべて読むには、FAQをご覧ください。購入を決定する前に、販売店に確認して、Microsoft Office 2007のコピーがOffice 2010への無料アップグレードの対象かどうかを確認することをお勧めします。

更新 :FAQページと無料アップグレードのオファーを発表したブログ投稿はもう利用できません。さらに、無料アップグレード期間が終了しました。