GEGeek Tech Toolkitは、Windows用のポータブルソフトウェアコレクションです。

コンピューターの問題を修正するように頼んだ家族や友人を訪ねるときはいつでも、コンピューターの問題を分析して修復するための何十ものツールを含むUSBフラッシュドライブを持っていきます。

GEGeek Tech Toolkitは、同様の目的に役立つ300を超えるポータブルフリーウェアツールの無料コレクションです。コレクションのサイズは、圧縮されて1.6ギガバイト、システムで非圧縮で約3ギガバイトです。

更新 :ツールキットは無料ではなくなりました。

開発者のWebサイトからアーカイブをダウンロードしてアンパックした後、そのサイズのために時間がかかる可能性があるプロセスで、抽出先のディレクトリから直接ツールを起動できます。

プログラムは、ドライバー、マルウェアの削除、バックアップ、AVアンインストーラーなどのフォルダーに分類されており、特定のタスクに適したフォルダーを簡単に見つけることができます。

ディレクトリから直接ツールを起動することは可能ですが、代わりにシステムトレイに配置された小さなランチャーをロードすることも可能です。

その後、その前にあるファイルエクスプローラーでフォルダーを開かなくても、そこから直接プログラムを起動できます。

gegeek toolkit

ツールキットに含まれるプログラムの短いリストを次に示します。Firefox、Malwarebytes Anti-Malware、Java、7-Zip、Rapid Environment Editor、HostsEditor、Speedfan、MemTestPro、Process Monitor、CCleaner、Virustotal Scanner、CurrPorts、WSUS Offline UpdateおよびRevoアンインストーラー。

NirsoftおよびSysInternalsアプリケーションの大部分もサポートされていることがわかり、プログラムのリストは、フリーウェアプログラムのWho is Whoのように表示されます。

それはすべてうまくいきますが、ツールコレクションの問題の1つは、最新の状態に保つことです。ツールキットの作成者は、ソフトウェアアップデーターKetarinを使用してこれを解決しました。

アップデートを確認するために必要なのは、サポートされているすべてのプログラムをケタリンでロードする「Run Ketarin Update」バッチファイルを実行することだけです。ここでは、[すべて更新]オプションを選択するか、更新を確認する必要がありますが、ダウンロードするオプションは選択しないでください。

このようにして、アップデーターが書き込み可能な場所にツールコレクションを保存すれば、ツールコレクションを常に最新の状態に保つことができます。理想的には、USBフラッシュドライブに配置され、DVDに書き込まれません。

check for updates

それでもまだすべてではありません。ドキュメントフォルダを開くと、技術ドキュメントにつながる約12のフォルダが見つかります。トラブルシューティングカテゴリだけでもさまざまなエラーを修正するための19の異なるドキュメントがリストされていますが、マルウェアリファレンスカテゴリには、システムからウイルスやマルウェアを削除するための段階的なガイドが用意されています。

ここでの目的は、インターネット接続が利用できない場合に参照ドキュメントを提供することです。

結論

GEGeek Tech Toolkitは、すべての経験レベルのユーザー向けのプログラムとリファレンスドキュメントの包括的なコレクションですが、特に技術者やWindowsの問題を定期的に修正するユーザー向けです。

コレクションを更新してすべてのツールを最新の状態に保つことができるという事実は、Windows向けの最も強力な、ダウンロード可能なツールコレクションの1つであるにしても、最も強力なツールの1つです。

また、独自のポータブルプログラムをコレクションに簡単に追加でき、バッチファイルについてある程度の知識があれば、それをKetarinにも追加すると、これらのツールも自動的に更新できるようになります。

Windows用の技術ツールキットが必要な場合は、これで完了です。