Windows11の更新をブロックする方法

MicrosoftのWindows11オペレーティングシステムは今年後半にリリースされ、新しいバージョンのWindowsと互換性のあるシステムは無料でアップグレードできます。管理者は、Windows 11の更新に関して、2025年までサポートされているデバイスをWindows 10に保持するか、新しいオペレーティングシステムに更新するかを選択できます。

Microsoftは、Windows11がWindowsUpdateを介してWindows10を実行しているシステムに強制的にプッシュされないことを明らかにしました。管理者は、WindowsUpdateを使用して積極的に更新プログラムを探す必要があります。プロセスが将来変更されるかどうかはまだ分からない。 Microsoftは、オプションのアップデートとしてWindows 10をリリースしたときに、ネジを締め直しました。 Windows 11は、Windows10のサービス終了日が近づくにつれてより積極的にプッシュされる可能性があります。

簡単な方法

少なくとも今のところ、最も簡単なオプションは、[設定]> [更新とセキュリティ]の[更新の確認]ボタンを回避することです。ボタンをアクティブにしないと、Windows11はWindowsUpdateを介して提供されません。

このオプションは一時的なものかもしれませんが、当面は機能するはずです。

Windows11アップデートのブロック

更新のブロックは、Windows 10の機能の更新をブロックするほど簡単ではありません。Windows10バージョン21H1までは、機能の更新のインストールを遅らせるオプションしかありません。問題は、グループポリシーエディターまたはWindowsレジストリを使用してオプションをアクティブ化すると、今後のWindows10バージョン21H2の更新もブロックされることです。

インストールを遅らせてもかまわない場合は、最初の数か月で発見されたバグや問題を回避するのに役立つ可能性がありますが、これは今すぐ機能します。

グループポリシーエディターの使用

ターゲット機能の更新バージョンを選択します

グループポリシーエディターは、Windows 10のProfessional、Education、およびEnterpriseエディションでのみ使用できます。

  1. スタートメニューを開きます。
  2. gpedit.mscと入力し、検索結果に表示されたらグループポリシーエディターを読み込みます。
  3. [ローカルコンピューターポリシー]> [コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [Windows Update]> [Windows Update for Business]に移動します
  4. 「ターゲット機能の更新バージョンを選択してください」をダブルクリックします。
  5. ポリシーを[有効]に設定します。
  6. フィールドに21H1と入力します。
  7. グループポリシーエディターを閉じます。

注:21H2がのリリース情報ページに追加されたら、21H2に切り替えることができます。 MicrosoftのドキュメントWebサイト 。 Windows 11のリリースは数か月先なので、数か月待つこともできます。

レジストリの使用

レジストリウィンドウの更新

  1. スタートメニューを開きます。
  2. regedit.exeと入力し、レジストリエディタの検索結果を選択します。
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdateに移動します。
  4. Dword TargetReleaseVersionを1に設定します。値が存在しない場合は、Windows Updateを右クリックし、[新規]> [Dword(32ビット)値]を選択します。
  5. TargetReleaseVersionInfoの値を21H1に設定します。値が存在しない場合は、Windows Updateを右クリックし、[新規]> [文字列値]を選択します。
  6. PCを再起動します。

繰り返しになりますが、ドキュメントのWebサイトにリストされたら、21H1を新しいバージョンのWindows10に置き換えます。

Windows10バージョン21H2以降

Microsoftは、Windows 11オペレーティングシステムのプレビューバージョンでポリシーを変更しました。更新されたポリシーは、Windows10デバイスにも導入される可能性があります。

Windows11はターゲットバージョンの更新を設定します

管理者は、更新されたポリシーでWindowsバージョンと機能更新バージョンを指定できます。これを使用して、バージョンとしてWindows 10を選択し、次にオペレーティングシステムの機能更新バージョンを選択できます。 21H2。

  1. (上記のように)グループポリシーエディターを再度開きます。
  2. [ローカルコンピューターポリシー]> [コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windowsコンポーネント]> [Windows Update]> [WindowsUpdateから提供される更新プログラムの管理]に移動します。
  3. 「ターゲット機能の更新バージョンを選択してください」をダブルクリックします。
  4. ポリシーを有効にします。
  5. オペレーティングシステムのターゲットバージョンをWindows10に設定します。
  6. ターゲット機能の更新を21H2または別のものに設定します。

レジストリエディタの使用

Windows11アップグレードレジストリをブロックする

  1. システムでレジストリエディタを開きます。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Policies Microsoft Windows WindowsUpdateに移動します。
  3. TargetReleaseVersionを1に設定します。値が存在しない場合は、Windows Updateを右クリックし、[新規]> [Dword(32ビット)値]を選択します。
  4. ProductVersionをWindows10に設定します。値が存在しない場合は、Windows Updateを右クリックし、[新規]> [文字列値]を選択します。
  5. TargetReleaseVersionInfoを21H2に設定します。値が存在しない場合は、Windows Updateを右クリックし、[新規]> [文字列値]を選択します。
  6. PCを再起動します。

では、あなた: デバイスをWindows11にアップグレードする予定はありますか? (経由 デスクモッダー )。