Windows10でFnキー設定を変更する方法

最新のキーボードの各キーには、複数の機能が割り当てられています。ユーザーは、Alt、Shift、およびCtrlキーを使用して、各キーの複数の機能を使用できます。もう1つのキー、Fnロックキーがあり、キーボード機能をさらに強化します。

通常、Fnキーは、複数の機能のためにF1〜F12キーとともに使用されます。これらのキーは、キーボードショートカットを使用した音量の制御、画面の明るさの調整など、さまざまなラップトップ機能に使用されます。 キーボードライトをオンまたはオフにします NS。

この機能は、Fnキーを押してから必要なファンクションキーを押すことで有効にできます。

二次ファンクションキーを使用しているときにFnキーを押し続けると、問題が発生する可能性があります。これは、Shiftキーを押しながらページ全体を大文字で書くようなものです。ただし、Fnキーをロックして2次ファンクションキーを使用し、必要に応じていつでも通常の設定に戻すことができます。

Fnキーロックの使用

これは、Caps Lockキーを使用するのと似ています。大文字で書き込むために一度トリガーしてから、通常の設定に戻すためにもう一度トリガーします。

それがどのように行われるかをお見せしましょう。 クイックサマリー 隠れる 1 BIOSを介してLockFnキーを有効または無効にします 2 キーボードを使用してFnキーをロックする 3 締めくくりの言葉

BIOSを介してLockFnキーを有効または無効にします

システムのデフォルト設定を変更して、各キーのプライマリ機能をデフォルトで実行するか、セカンダリ機能を実行するかを変更できます。好みは、プライマリまたはセカンダリのどちらの機能を最もよく使用するかに応じて、各個人に依存します。

たとえば、[終了]ボタンには、よく使用するPrintScreenセカンダリ機能があります。そのため、デフォルトで二次機能を使用するようにBIOS設定を設定しました。終了ボタンだけを押すたびに、ディスプレイのスクリーンショットが撮られます。ただし、End機能を使用する必要がある場合は、 Fn キーを押して、 終わり 同時にボタン。

BIOSで以下に移動します:

BIOS -> Advanced -> Function key behavior

次に、デフォルトのファンクションキーの動作を選択します。ファンクションキーオプションを選択すると、終了ボタンのみを押すと終了が使用され、マルチメディアキーオプションを選択すると、終了ボタンのみを押すとPrintScreenが使用されます。

もちろん、これらの設定はBIOSに戻ることでいつでも変更できます。ただし、設定を変更する必要があるたびにPCを再起動する必要があるため、これは理想的な状況ではありません。したがって、ボタンを押すだけで2つのオプションをすばやく簡単に切り替えることができる別の方法について説明しました。

キーボードを使用してFnキーをロックする

最新のラップトップのほとんどには、CAPSロックやNUMロックと同様の特定のモードでFnキーをロックできるFnロックボタンが付属しています。ラップトップにこのボタンがあるかどうかを確認するには、下の画像のように、鍵が描かれ、その間にFnが書かれているキーボードのキーを探します。

通常、それは エスケープ ファンクションロックボタンであるキー。

前述のように、Fn Lockキーは、Fnキーを特定のモード(主キーまたは副キー)でロックするためのトリガーです。 Fnロックをトリガーするには、同時に Fn キーと Fn Lock 鍵。

上記のキーの組み合わせを実行するたびに、Fnのデフォルト設定が変更されます。たとえば、専用のキーパッドのないキーボードを使用している場合、下の画像のように、数字は2番目の機能として表示されます。

このようなシナリオで、数字を入力するたびにFnキーを押さずにキーパッドを使用する場合は、 Fn + Fnロック キーを1回押してから、通常どおりキーパッドを使用し続けます。もう一度通常のアルファベットで書きたいときは、 Fn + Fnロック 再び同時にキー。

締めくくりの言葉

2つのFnモードの切り替えは、BIOSよりもキーボードからの方がはるかに簡単です。 PCを再起動しなくても、何度でも切り替えることができるようになりました。

それにもかかわらず、現時点ではすべてのラップトップがこの機能をサポートしているわけではありません。したがって、キーボードにFnLockキーがあるかどうかを確認する必要があります。