Windows 11ホームでグループポリシーエディター(Gpedit.msc)を有効にする方法

以前のバージョンのWindowsと同様に、 Windows 11 Home Edition グループポリシーエディター(gpedit.msc)がプリインストールされていません。グループポリシーエディターは、Windowsレジストリなどの他の手段を使用して構成するのが難しいさまざまなWindows設定を構成する場合に役立ちます。

私たちはすでにについて書いています Windows 10Homeでgpedit.mscを有効にする方法 。この記事では、グループポリシーエディターをインストールして有効にするために必要な正確な手順を説明します。 クイックサマリー 隠れる 1 グループポリシーエディターとは何ですか?なぜそれが役立つのですか? 2 WindowsはWindows11ホームで「gpedit.msc」を見つけることができません 3 GPEdit.mscイネーブラーPowerShellスクリプトをダウンロードしてインストールします 4 インストール後にグループポリシーエディターを実行する方法 5 Windows11ホーム用の代替グループポリシーエディター 6 結論

グループポリシーエディターとは何ですか?なぜそれが役立つのですか?

グループポリシーは、Windowsネットワークの不可欠なコンポーネントとして、ネットワーク全体のユーザーとコンピューターの作業環境を制御します。グループポリシーオブジェクトは、グループポリシー構成のコレクションです。コンピューターに適用できるグループポリシーには2つの種類があります。

  • ドメイングループポリシー(GPO)
  • ローカルグループポリシー(LGPO)

ローカルグループポリシーをスタンドアロンコンピューターに適用することができます。 ActiveDirectoryサーバー

グループポリシー設定を構成するために使用されるツールは、グループポリシーエディター(gpedit.msc)と呼ばれます。 Microsoftは、スタンドアロンコンピューターでWindows設定を構成するためのローカルグループポリシーエディターを提供しています。

WindowsはWindows11ホームで「gpedit.msc」を見つけることができません

グループポリシーの用語が明確になったので、実際のトピックに移りましょう。グループポリシーエディターは、次のコマンドを実行して開くことができます:

Run > gpedit.msc

これにより、グループポリシーエディター(管理コンソール)が開きます。ただし、Windows 11 Home Editionで開こうとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

Windowsは「gpedit.msc」を見つけることができません。名前を正しく入力したことを確認してから、再試行してください。

Windows 11 Home 1でグループポリシーエディター(Gpedit.msc)を有効にする方法

Gpedit.mscはC: Windows System32フォルダーにあります。 Windows 11 Homeのフォルダーをチェックアウトすると、gpupdate、gpresultsなどの他のユーティリティが見つかりますが、gpedit.mscはありません。

次のセクションでは、PowerShellスクリプトを使用して、Windows 11Homeエディションにgpedit.mscをインストールして有効にします。この記事で提供されているスクリーンショットはWindows11 Homeエディションのものですが、以下に示す方法は、Windows 10、Windows 8、さらにはWindows 7HomeエディションなどのWindowsの他のHomeエディションでも正常に機能することに注意してください。

GPEdit.mscイネーブラーPowerShellスクリプトをダウンロードしてインストールします

Widnows10の投稿でGPEnablerスクリプトをすでに共有しています。同じスクリプトをWindows11でも使用できますが、管理者として実行する必要のない変更されたスクリプトを次に示します。

Windows11用のGPEditイネーブラー (932バイト、402ヒット)

ダウンロードしたら、バッチスクリプトを実行します。 ユーザーアカウント コントロールは自動的に管理者権限を要求する必要があります。

コマンドプロンプトウィンドウ が表示され、進行状況が表示されます。一連のパッケージをインストールすると、操作が正常に完了したことが示されます。いずれかのキーを押すと、コマンドプロンプトウィンドウが消えます。

再起動は必須ではありませんが、システムを再起動して、適用するすべてのポリシーが正しく機能していることを確認することをお勧めします。

gpedit.mscはWindows11で有効になっていますが、すべてのポリシーがスムーズに機能するとは限らないことに注意してください。他の人がうまく働く間、効果がないであろう方針があるでしょう。

新しいWindows11 Homeをインストールしていて、Microsoft Edgeブラウザーのみがインストールされている場合、イネーブラーファイルのダウンロードが困難になることに注意してください。ファイルのダウンロードが難しい場合は、新しいテキストファイルを作成して、次のコードを貼り付けるだけです。

@echo off nul 2>&1 '%SYSTEMROOT%system32cacls.exe' '%SYSTEMROOT%system32configsystem' REM --> If error flag set, we do not have admin. if '%errorlevel%' NEQ '0' ( echo Requesting administrative privileges… goto UACPrompt ) else ( goto gotAdmin ) :UACPrompt echo Set UAC = CreateObject^('Shell.Application'^) > '%temp%getadmin.vbs' echo UAC.ShellExecute '%~s0', '', '', 'runas', 1 >> '%temp%getadmin.vbs' '%temp%getadmin.vbs' exit /B :gotAdmin if exist '%temp%getadmin.vbs' ( del '%temp%getadmin.vbs' ) pushd '%CD%' CD /D '%~dp0' pushd '%~dp0' dir /b %SystemRoot%servicingPackagesMicrosoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3  .mum >List.txt dir /b %SystemRoot%servicingPackagesMicrosoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3  .mum >>List.txt for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:'%SystemRoot%servicingPackages\%%i' pause

を助けて 拡張子が.batのファイルを作成してから、バッチを実行します ファイル。プロセスは上記と同じです。

インストール後にグループポリシーエディターを実行する方法

上記の方法を使用してgpedit.mscをインストールした後、次の場所に移動してグループポリシーエディターを簡単に開くことができます。 > gpedit.mscを実行します

グループポリシーエディターを開く別の方法は、PowerShellまたはWindowsターミナルを開いて次のように入力することです。 gpedit 。これにより、エディターがすぐに開きます。

Windows11ホーム用の代替グループポリシーエディター

Policy Plusは、ローカルのグループポリシーエディターの機能を、Windows 11、Windows 10、さらにはWindowsServerエディションを含むすべてのWindowsバージョンおよびエディションに追加するポータブルアプリです。

ここからPolicyPlusをダウンロードします。

一部のウイルス対策プログラムやGoogle(Google Chromeを使用している場合)でさえ、このユーティリティのためにこのWebページを危険と見なしていることに注意してください。このユーティリティは非常に強力であり、その主要な目的で意図されているようにオペレーティングシステムに変更を加えます。したがって、問題なくダウンロードして使用するのに十分なほど公平です。

Policy Plusのインターフェイスは、デフォルトのローカルグループポリシーエディターと非常によく似ています。左上のドロップダウンメニューから[コンピューター]または[ユーザー]を選択できます。他のすべての機能は、デフォルトのエディタと非常に似ているようです。

結論

グループポリシーエディターは高度なツールです。ほとんどの場合、Windows 11Homeユーザーはこのツールを必要としません。少数のグループポリシーを構成するだけで、Windows 11Proにアップグレードする必要はありません。

上記の方法は、ローカルグループポリシーでのみ機能します。これは、ActiveDirectoryベースのドメイングループポリシーでは機能しません。 Windows 11 Homeは、ドメインへの参加をまだサポートしていません。そのためには、プロバージョンにアップグレードする必要があります。

Windows 11ホームコンピューターにどのポリシーを適用しますか?以下のコメントで教えてください。