WindowsでDNSキャッシュをフラッシュする方法

Microsoft Windowsオペレーティングシステムは、すべてのDNSルックアップをキャッシュに保存して、以前にアクセスしたWebサイトまたはサーバーへの将来のアクセスのための接続を高速化します。簡素化のためのDNSは、ghacks.netのようなドメイン名を96.30.22.116のようなIPアドレスに変換します。さらに簡略化するために、コンピューターユーザーはドメイン名をほぼ独占的に使用し、コンピューターとIPアドレスのデバイスを使用します。

DNSプロバイダーは、情報が既にキャッシュに格納されていない限り、接続を試行するたびに照会されます。

なぜ誰かがDNSキャッシュをフラッシュしたいのか知りたいと思うかもしれませんか?プロバイダーのDNSサーバーからに切り替えることにしたとしましょう DNSを開くGoogle DNS または、より高速で、ユーザー設定のサイトフィルタリングなどの追加機能がほとんどない無料サービス。セッション中に切り替えた場合、すでにアクセスしたサイトにアクセスすると、キャッシュの古いデータが使用されます。

大きな問題ではないですか?あなたは正しいかもしれませんが、以下の状況を考えてください。ウェブマスターがウェブサイトを新しいサーバーに移行します。すべてのDNSサーバーがユーザーを古いサーバーではなく新しいサーバーのWebサイトにリダイレクトするまでに、最大48時間かかることがあります。情報の更新に関して、ISPのDNSサーバーが遅いサイトにあることがわかっている場合、一部のWebマスターは移行前にDNSサーバーを変更します(Webマスターの別のオプションは hostsファイルを編集する )。

DNSキャッシュは、特に公共のコンピューターシステムまたはマルチユーザーシステムで、プライバシーにも影響を与える可能性があります。キャッシュの内容を表示することが可能で、セッションでユーザーがアクセスしたすべてのWebサイトが表示されます。キャッシュをフラッシュするとエントリが削除され、次のユーザーはアクセスしたWebサイトのリストを見ることができなくなります。

DNSキャッシュのフラッシュ

コマンドに移ります。 Windowsユーザーは、DNSキャッシュをフラッシュするためにコマンドプロンプトを開く必要があります。それを行う最も簡単な方法は、押すことです Windows-r 、タイプ cmd 、ヒット 入る キー。

コマンド ipconfig / flushdns DNSキャッシュをクリアします。この時点までのすべてのレコードがキャッシュから削除されます。

C: Users Martin> ipconfig / flushdns
Windows IP構成
DNSリゾルバーキャッシュを正常にフラッシュしました。

ipconfig flushdns

DNSキャッシュの表示

コマンドでDNSキャッシュがフラッシュされたかどうかをテストできます ipconfig / displaydns 。コマンドはまだエントリを表示する場合がありますが、それらはフラッシュされた後にキャッシュに追加された新しいエントリであることに注意してください。たとえば、ウイルス対策ソフトウェアが更新サーバーに自動的に接続する場合があります。

C: Users Martin> ipconfig / displaydns
Windows IP構成

ipconfig displaydns

DNSキャッシュをオフにする

DNSキャッシングは、セッションまたは完全にオフにすることができます。マイナスの影響は、特にネットワーク共有とデバイスが接続されているコンピューターネットワークでは、検索に時間がかかることです。一方、ネットワーク接続のないコンピューターワークステーションは、操作によって悪影響を受けることはほとんどありません。セッションで一時的に無効にして、設定を最初に試すのがおそらく最善です。

アクティブなセッションのDNSキャッシュを停止するコマンドは次のとおりです。 ネットストップDNSキャッシュ 。コマンドを正常に実行するには、管理者権限が必要です。 Windows 7ユーザーは、スタートメニューorbをクリックし、[すべてのプログラム]> [アクセサリ]を選択し、コマンドプロンプトを右クリックして[管理者として実行]を選択することで、これを行うことができます。パスは、他のバージョンのWindowsでも同様である必要があります。

c: windows system32> net stop dnscache
DNSクライアントサービスが停止しています
DNSクライアントサービスは正常に停止されました。

stop dns client service

次のコマンドでDNSクライアントサービスを再開できます net start dnscache

前の手順では、単一セッションのDNSキャッシュをオフにしました。再起動すると、サービスとして再度読み込まれます。ただし、DNSキャッシュを完全にオフにすることは可能です。これはショートカットで行われます Windows-r 、タイピング services.msc そして打つ 入る

リストでサービスDNSクライアントを見つけてダブルクリックします。開いたウィンドウには、現在のセッションのサービスを停止し、スタートアップの種類を手動から無効に変更するためのコントロールがあります。

dns client service

無効にすると、Windowsで起動されなくなり、DNSキャッシュが完全に無効になります。これのもう1つの利点は、他のユーザーがDNSキャッシュを表示して、アクセスしたWebサイトとサーバーのリストを取得できないことです。

DNSキャッシュを完全に無効にすることを検討しているWindowsユーザーは、セッションのキャッシュを無効にすることによって、最初にそれをテストする必要があります。パフォーマンスの低下や通常の接続よりも遅いことに気付かない場合は、先に進んでキャッシュを完全に無効にすることができます。