KeeWeb:自己ホスト型KeePass Webおよびデスクトップクライアント

KeeWebは、KeePassデータベースをサポートする真新しいオープンソースプログラムおよびWebアプリケーションです。

の欠点の1つ キーパス 、少なくとも機能を必要とするユーザーの目には、ソフトウェアを実行できないときはいつでもサインインできるWebベースのバージョンがないことです。

これにより、KeePassを実行できない状況(たとえば、プログラムの実行が許可されていない、サポートされていない、または単に賢明でない)で、パスワードデータベースにアクセスすることが困難になります。

KeeWeb は、KeePassユーザーにインターネット上でKeePassのセルフホストバージョンを作成するオプションを提供することにより、この問題に対処しようとします。

KeeWeb

keeweb

自己ホスト型とは、通常、何らかの形のWebスペースが必要であることを意味し、設定の技術的な性質により、多くのユーザーはWebスペースを避けます。

ウェブマスターは自分のサイトにKeeWebを設定できますが、すべてのユーザーがDropboxアプリケーションとして設定することもできます。

プロジェクトのウェブサイトで公開されている手順は、残念ながら、Dropboxまたはインターネット上の別のサーバーでアプリケーションをセルフホストする場合ほど簡単ではありません。

簡単なように見えますが、手順に従って3つのステップしか含まれていないため、Dropboxでアプリを正しく設定するための重要な情報が欠落していることがわかります。

または、リリースされているデスクトップアプリのいずれかを使用するか、または 公開されているバージョンのKeeWeb

デスクトップアプリケーションはクロスプラットフォームであり、KeePassのユーザーにはいくつかの魅力があるかもしれません。私はその必要はなく、サードパーティによってホストされているサービスを使用してKeePassデータベースを開くこともありません。

一方、KeePassの自己ホスト型のWebバージョンはオープンソースであり、セットアップが簡単であるため、アプリケーションのユーザーにとって魅力的です。

KeeWebは、Dropboxアカウントを持っているがスクリプト言語やプログラミング言語、Dropboxの知識がない人が誰でも参加できるように、プロジェクトのWebサイトでアプリケーションの自己ホストバージョンを作成することで改善または明確化されるかどうかを確認するために、私は間違いなく監視します。アプリケーションの作成は自分で設定できます。

プライバシーとセキュリティ

リモートバージョンのKeeWebは外部リクエストを行わず、ローカルに保存されたデータのみを使用し、ユーザーがアプリ設定で無効にできる更新を確認するために1つのネットワーク接続のみを作成します。

オープンソースなので、コードを監査して確認できます。作者は、アプリに統計または分析スクリプトや広告が含まれていないことを約束します。

では、あなた :KeeWebのようなサービスを使用しますか?