Microsoftは、KB5004760アップデートでWindows 10PFDディスプレイの問題を修正しました

マイクロソフトは、Windows 10バージョン2004、20H2、および21H1の帯域外更新をリリースしました。これは、これらのバージョンのWindows10オペレーティングシステムでのPDF表示の問題に対処するものです。

この問題は、MicrosoftのWebサイトのリリースヘルスダッシュボードに、Windows 10バージョン2004、20H2、および21H1の既知の問題の1つとして記載されています。公開された情報によると、2021年6月25日にオープンし、2021年6月29日に解決されました。

この問題は、Internet Explorer11およびAdobeAcrobatプラグインが使用されている場合に64ビットバージョンのWebBrowserコントロールを使用するアプリケーションでのPDFドキュメントのレンダリングに影響します。

KB5004760PDF表示の問題を修正

Microsoftは、この問題を次のように説明しています。

KB5003637以降の更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 11(IE11)または64ビットバージョンのWebBrowserコントロールを使用するアプリは、PDFを開くことができないか、AdobeAcrobatプラグインを使用して灰色の背景としてレンダリングされる場合があります。注InternetExplorerは、[インターネットオプション]の[詳細設定]タブで[拡張保護モードで64ビットプロセスを有効にする]が有効になっている場合にのみ影響を受けます。

Microsoftは以前に回避策を公開し、ユーザーがAdobeAcrobatアプリケーションでPDFドキュメントを直接開くことを提案しました。 2番目に提案された回避策は、Internet Explorer11で[拡張保護モードの64ビットプロセスを有効にする]設定を無効にすることでした。このオプションは、IE11でのみ問題を解決し、他のアプリケーションでは解決しません。

現時点では、帯域外更新はWindowsUpdateからは利用できません。管理者はからダウンロードできます MicrosoftUpdateカタログ 影響を受けるデバイスに手動でインストールするためのWebサイト。アップデートをインストールすると問題が解決し、Internet Explorer11および64ビットバージョンのWebBrowserを使用するアプリケーションでPDFドキュメントが再び正しくレンダリングされるはずです。

WSUS(Windows Server Update Services)の展開では、Microsoftによると、この更新プログラムをインストールする前に、2021年5月11日の累積的な更新プログラムをインストールする必要があります。

このアップデートは、2021年7月12日にリリースされる2021年7月のパッチ火曜日の累積アップデートに含まれる可能性があります。

では、あなた :システムでPDFドキュメントをどのように表示しますか?