Microsoft Office 2010 Service Pack 1がリリースされました

マイクロソフトは本日、Office 2010 Service Pack 1をリリースしました。これは、改善、新機能、および以前にリリースされた更新を1つの更新パックにまとめたものです。インターネットからダウンロードした場合、アップデートは無料で入手できます。 Microsoftは、Office 2010 SP1には、「安定性、パフォーマンス、およびセキュリティの向上」に加えて、すべての「2011年6月までにリリースされた公開アップデート」と「2011年4月までにリリースされた累積的なアップデート」が含まれていると指摘しています。

の説明 Office 2010 SP1ページには、サービスパックの新機能と更新の詳細が記載されています。以下は、最も有望な新機能、修正、更新の短いリストです。

  • Excel 2010の安定性、パフォーマンス、下位互換性が改善されました。
  • Outlook 2010にOffice 365サポートが追加されました
  • CDのパッケージオプションを選択すると、PowerPoint Viewerが含まれるようになりました
  • Word 2010の次のエラーメッセージを修正します。MicrosoftOffice Wordで問題が発生したため、終了する必要があります。
  • Wordの共同編集の問題と競合を修正します。
  • Windows Live SkyDriveからOneNoteノートブックを開く
  • SharePointおよびWindows Live SkyDriveとのOneNote同期の改善。

このリストとMicrosoft KnowledgeBaseの公式リストからわかるように、多くの機能が追加されていません。機能の多くは、クラウド接続を改善したり、軽微な問題を修正したりします。つまり、Office 2010ユーザーの大多数が以前にダウンロードした可能性のあるすべての更新、特にセキュリティ関連の更新を除きます。

先月のTechnetブログ 役職 Office 2010の次期サービスパック1の発表により、機能の追加に関する詳細が提供されました。

  • Office Webアプリケーションは、Google Chromeでは正式にはサポートされていません。
  • Outlook Web Application Attachment Preview(Exchange Onlineのみ)
  • SharePoint Serverのバックアップと復元が改善されました

まったく同じブログ投稿に、以前にMicrosoftによってリリースされ、サービスパックに含まれている修正と更新がリストされています。

Microsoft Officeユーザーは、サービスパックを以下からダウンロードできます。 Windows Update 、Microsoft UpdateまたはMicrosoftのダウンロードセンターを介して。

Office 2010の32ビットService Pack 1のサイズは361メガバイト、64ビットSP1のサイズは439です。

microsoft office 2010 sp1 update

Microsoft Office 2010 SP1ダウンロードリンク

Office 2010 Service Pack 1の直接ダウンロードリンクは次のとおりです。更新を何度もダウンロードせずに複数のOffice 2010インストールを更新する場合に役立ちます。

Microsoft Office 2010 Service Pack 1(KB2460049)32ビット版[ リンク ]
Microsoft Office 2010 Service Pack 1(KB2460049)64ビット版[ リンク ]