Microsoft PaintはWindowsストアに移動します

Microsoftは、Windows 10オペレーティングシステムからMicrosoft Paintを削除し、代わりにWindowsストアからアプリを利用できるようにする予定です。

マイクロソフトは、次のWindows 10 Fall Creators Updateバージョンの削除および非推奨の機能を明らかにしました 最近のオペレーティングシステムの。

Windowsの長い間使用されてきたデフォルトの画像エディターであるMicrosoft Paintは、非推奨にリストされていました。多くのサイトが、MicrosoftがWindows 10 Fall Creators UpdateからMicrosoftペイントを削除すると誤って報告しました。

ただし、非推奨とは、この機能が積極的に開発されておらず、Windows 10の将来のバージョンで削除される可能性があることを意味します。

microsoft paint

Microsoftは、Microsoft Paintの計画を明確にするために、公式のWindows Experienceブログにブログ投稿を公開しました。

MSペイントはここに留まります。無料で利用できるWindowsストアに、すぐに新しい家ができます。

発表によると、Microsoft PaintはWindows 10から削除されますが、Windowsストアから提供される予定です。ペイントを引き続き使用したいユーザーは、ストアからアプリケーションをダウンロードしてインストールできます。

現時点では、Windows 10 Fall Creators Updateでペイントが削除されるのか、それともオペレーティングシステムの将来のバージョンで削除されるのかは、現時点では不明です。

マイクロソフトは多くの情報を提供していませんが、Win32レガシープログラムを移植して、同じ機能を提供するWindows 10アプリケーションに変える可能性が高いようです。

マイクロソフトはペイント3Dの開発を続けています。ペイントがオペレーティングシステムから削除されると、ペイント3DがWindows 10のデフォルトの画像エディターになります。

新しいアプリケーションは、従来のMicrosoftペイントアプリケーションと比較すると、3D機能と新しいインターフェイスを備えています。

とにかく、Microsoft Paintを使用するWindows 10ユーザーは、引き続き使用したい場合、Windowsストアからアプリをダウンロードできます。一部のユーザーはそうするでしょうが、他のユーザーはおそらくPaint 3Dを使用するか、代わりにサードパーティの画像エディターを直接インストールします。

おわりに

MicrosoftペイントをWindowsストアに移動することは、代替手段なしでアプリケーションを直接削除するよりも優れています。ただし、この動きは一部のユーザーを苛立たせます。 Microsoftアカウントを使用しないとストアから何もダウンロードできないため、Windowsストアを使用しないユーザー、およびWindows 10のHomeエディションでローカルアカウントを使用するユーザー。

Microsoft Paintがいつオペレーティングシステムから削除されるかは不明ですが、Microsoftはこれについて言及していません。

では、あなた :Microsoft Paintの削除による影響を受けますか?