MicrosoftWindowsセキュリティアップデート2021年7月の概要

それはその月の第2火曜日であり、それはそれがマイクロソフトパッチデーであることを意味します。 Microsoftは、サポートされているすべてのクライアントおよびサーバーバージョンのWindowsオペレーティングシステム、およびMicrosoft Officeなどの他の会社の製品について、セキュリティおよび非セキュリティの更新プログラムをリリースしました。

概要は、エグゼクティブサマリーから始まります。オペレーティングシステムの配布と重要なセキュリティ更新プログラムのリストは次のとおりです。その下には、Windowsのすべてのクライアントバージョンとサーバーバージョンの主な累積的な更新と、その他のセキュリティ更新のリストがあります。

既知の問題のリストには、Microsoftによって確認されたもののみが含まれています。このページには、セキュリティアドバイザリやその他のセキュリティ以外の更新へのリンク、ダウンロード情報、および追加のリソースリンクもあります。

これが 2021年6月のパッチデーの概要へのリンク あなたがそれを逃した場合に備えて。

Microsoft Windowsセキュリティアップデート:2021年6月

これは、Windowsのクライアントバージョンとサーバーバージョン用にリリースされたセキュリティ更新プログラムを含むExcelスプレッドシートです。 セキュリティアップデート2021-07-13-071231pm

エグゼクティブサマリー

  • Microsoftは、サポートされているすべてのバージョンのWindowsオペレーティングシステムのセキュリティ更新プログラムをリリースしました。
  • セキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office、Power BI、およびVisual StudioCodeでも利用できます。
  • 次の製品には既知の問題があります:Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10バージョン1809、2004、20H2、21H1、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2019、およびWindows Server2004および20H2 、Microsoft Exchange Server 2013、2016、および2019

オペレーティングシステムの配布

  • Windows 7 (拡張サポートのみ) :30の脆弱性:3つの重大および27の重要
    • Windows PrintSpoolerのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34527
    • WindowsMSHTMLプラットフォームのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34497
    • スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性- CVE-2021-34448
  • Windows 8.1 :39の脆弱性:3つの重大および36の重要
    • Windows7と同じ
  • Windows10バージョン1903および1909 :67の脆弱性:5つの重大および62の重要
    • Windows7と同じプラス
    • WindowsHyper-Vリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34450
    • Microsoft Windows MediaFoundationのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34503
  • Windows 10バージョン2004、20H2および21H1: 68の脆弱性、4つの重大、64の重要
    • Windows PrintSpoolerのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34527
    • WindowsMSHTMLプラットフォームのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34497
    • WindowsHyper-Vリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34450
    • スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性- CVE-2021-34448

WindowsServer製品

  • Windows Server 2008 R2(拡張サポートのみ): 37の脆弱性:1つが重大で11つが重要
    • Windows DNSサーバーのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34494
    • Windows PrintSpoolerのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34527
    • WindowsMSHTMLプラットフォームのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34497
  • Windows Server 2012 R2 :50の脆弱性:4つの重大および46の重要
    • スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性- CVE-2021-34448
    • WindowsMSHTMLプラットフォームのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34497
    • Windows DNSサーバーのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34494
    • Windows PrintSpoolerのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34527
  • 勝つ ダウズサーバー2016 :60の脆弱性:6つの重大および54の重要。
    • Windows Server 2021 R2plusと同じ
    • Windowsカーネルのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34458
    • Microsoft Windows MediaFoundationのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34439
  • Windows Server 2019 :77の脆弱性:2つの重大な脆弱性と22の重要な脆弱性
    • Microsoft Windows MediaFoundationのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34439
    • WindowsMSHTMLプラットフォームのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34497
    • Windows DNSサーバーのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34494
    • Windowsカーネルのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34458
    • WindowsHyper-Vリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34450
    • スクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性- CVE-2021-34448
    • WindowsMediaリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-33740
    • Windows PrintSpoolerのリモートコード実行の脆弱性- CVE-2021-34527

Windowsセキュリティアップデート

Windows 7SP1およびWindowsServer 2008 R2

更新と改善:

  • VBRUN300.DLLを示すエラーメッセージで16ビットアプリケーションが失敗する原因となっている問題を修正します(月次ロールアップのみ)
  • ExtCreatePenおよびExtCreateFontIndirectを使用するサードパーティアプリケーションによって引き起こされるEMFレンダリングの問題を修正しました。 (月次-ロールアップのみ)
  • CVE-2021-33757のAdvancedEncryption Standard(AES)暗号化保護。 KB5004605を参照してください
  • PerformTicketSignature設定のサポートを削除し、強制モードを永続的に有効にします。見る このサポート記事 追加情報については。
  • セキュリティの更新。

Windows8.1およびWindowsServer 2012 R2

更新と改善:

  • VBRUN300.DLLを示すエラーメッセージで16ビットアプリケーションが失敗する原因となっている問題を修正します(月次ロールアップのみ)
  • ExtCreatePenおよびExtCreateFontIndirectを使用するサードパーティアプリケーションによって引き起こされるEMFレンダリングの問題を修正しました。 (月次-ロールアップのみ)
  • CVE-2021-33757のAdvancedEncryption Standard(AES)暗号化保護。 KB5004605を参照してください
  • PerformTicketSignature設定のサポートを削除し、強制モードを永続的に有効にします。見る このサポート記事 追加情報については。
  • セキュリティの更新。

Windows10バージョン1909

更新と改善:

Windows 10バージョン2004、20H2および21H1

更新と改善:

  • 影響を受けるプリンターへの印刷を困難にする印刷の問題を修正しました。影響を受けるレシートおよびラベルプリンターmostlz。
  • PerformTicketSignature設定のサポートを削除し、強制モードを永続的に有効にします。見る このサポート記事 追加情報については。
  • CVE-2021-33757のAdvancedEncryption Standard(AES)暗号化保護。 KB5004605を参照してください
  • プライマリリフレッシュトークンが弱く暗号化される原因となっていた脆弱性を修正しました。
  • セキュリティアップデート

その他のセキュリティアップデート

2021-07 Internet Explorerの累積的なセキュリティ更新プログラム( KB5004233 )。

2021-07 Windows Server 2008のセキュリティ月次品質ロールアップ( KB5004305 )。

2021-07 Windows Server 2008のセキュリティのみの品質更新( KB5004299 )。

2021-07 Windows Embedded 8StandardおよびWindowsServer 2012のセキュリティ月次品質ロールアップ( KB5004294 )。

2021-07 Windows Embedded 8StandardおよびWindowsServer 2012のセキュリティのみの品質更新( KB5004302 )。

2021-07 Windows 10バージョン1507の累積的な更新( KB5004249 )。

2021-07 Windows10バージョン1607およびWindowsServer 2016の累積的な更新( KB5004238 )。

2021-07 Windows Server2019およびWindows10バージョン1809の累積的な更新( KB5004244 )。

2021-07 Azure Stack HCI、バージョン20H2およびWindows Server 2019データセンターの累積的な更新:x64ベースのシステム用のAzure Edition( KB5004235 )。

スタック更新のサービス

2021-07 Windows Embedded Standard 7、Windows 7、およびWindows Server 2008 R2のスタック更新のサービス( KB5004378 )。

2021-07 Windows 10バージョン1909のスタック更新のサービス( KB5004748 )。

既知の問題点

Windows 7SP1およびServer2008 R2

  • システムがESUシステムでない場合、アップデートのインストールに失敗する可能性があります。
    • 予想される行動。
  • クラスタ共有ボリュームで操作が失敗する場合があります。
    • 管理者権限で操作を実行します。
    • CSVの所有権を持たないノードから操作を実行します。

Windows8.1およびWindowsServer 2012 R2

  • クラスタ共有ボリュームで操作が失敗する場合があります。
    • 管理者権限で操作を実行します。
    • CSVの所有権を持たないノードから操作を実行します。

Windows 10バージョン2004、20H2および21H1

  • Microsoft日本語入力方式エディタを使用して漢字を入力するときの出力文字の問題。
    • マイクロソフトはまだ解決策に取り組んでいます。
  • Edge Legacyが削除されているが、カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージを使用してインストールされたデバイスに新しいEdgeがインストールされていないという問題。

セキュリティアドバイザリと更新

ADV 990001 -最新のサービススタックの更新

その他の更新

2021-07 Windows Embedded Standard 7、Windows 7、およびWindows Server 2008R2用の.NETFramework4.8のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004116 )。

2021-07 Windows Embedded 8StandardおよびWindowsServer2012用の.NETFramework4.8のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004117 )。
2021-07 Windows8.1およびWindowsServer 2012R2用の.NETFramework4.8のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004118 )。

2021-07 Windows Embedded Standard 7、Windows 7、Windows Server 2008 R2、およびWindows Server2008の.NETFramework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004120 )。

2021-07 Windows Embedded 8StandardおよびWindowsServer2012の.NETFramework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004121 )。

2021-07 Windows8.1およびWindowsServer 2012R2の.NETFramework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004122 )。

2021-07 Windows Embedded Standard 7、Windows 7、および.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティと品質のロールアップWindows Server 2008 R2( KB5004229 )。

2021-07 Windows Embedded 8StandardおよびWindowsServer2012用の.NETFramework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004230 )。

2021-07 Windows8.1およびWindowsServer 2012R2の.NETFramework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004231 )。

2021-07 Windows Server2008用の.NETFramework 2.0、3.0、4.5.2、4.6、および4.6.2のセキュリティと品質のロールアップ( KB5004232 )。

2021-07 WindowsServerバージョン20H2、Windows 10バージョン20H2、Windows Server、バージョン2004、Windows10バージョン2004用の.NETFramework3.5および4.8の累積的な更新プログラム( KB5003537 )。

2021-07 Windows Server2019およびWindows10バージョン1809用の.NETFramework3.5および4.8の累積的な更新( KB5003538 )。

2021-07 Windows10バージョン1909用の.NETFramework3.5および4.8の累積的な更新( KB5003539 )。

2021-07 Windows Server2019およびWindows10バージョン1809用の.NETFramework3.5および4.7.2の累積的な更新( KB5003541 )。

2021-07 Windows Server2016およびWindows10バージョン1607用の.NETFramework 4.8の累積的な更新( KB5004115 )。

2021-07 Windows Server2019およびWindows10バージョン1809用の.NETFramework 3.5、4.7.2、および4.8の累積的な更新( KB5004228 )。

MicrosoftOfficeの更新

Officeの更新情報が見つかります ここ

2021年6月のセキュリティアップデートをダウンロードしてインストールする方法

マイクロソフトウィンドウズセキュリティアップデート2021年7月

セキュリティ更新プログラムは、デフォルトでクライアントバージョンのWindowsに自動的にダウンロードおよびインストールされます。更新プログラムは、Microsoft UpdateカタログのWebサイトから直接ダウンロードすることもできます。また、更新プログラムを手動で確認して、できるだけ早くインストールすることもできます。

WSUSなどの更新プログラム管理システムを管理するシステム管理者は、これらのシステムを使用して更新プログラムをインストールすることもできます。

更新を手動で確認するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート]を選択し、「Windows Update」と入力して、表示されるWindowsUpdateアイテムを読み込みます。
  2. 更新の手動チェックを実行するには、[更新のチェック]を選択します。

直接更新のダウンロード

更新をダウンロードして手動でインストールする場合は、直接ダウンロードリンクのあるリソースページを以下に示します。

Windows7およびServer2008 R2

  • KB5004289 --2021-07 Windows7のセキュリティ月次品質ロールアップ
  • KB5004307 --2021-07 Windows7のセキュリティのみの品質更新

Windows8.1およびWindowsServer 2012 R2

  • KB5004298 --2021-07 Windows8.1のセキュリティ月次品質ロールアップ
  • KB5004285 --2021-07 Windows8.1のセキュリティのみの品質更新

Windows 10(バージョン1909)

  • KB5004245 --2021-07 Windows10バージョン1909の累積的な更新

Windows 10(バージョン2004)

  • KB5004237 --2021-07 Windows10バージョン2004の累積的な更新

Windows 10(バージョン20H2)

  • KB5004237 --2021-07 Windows10バージョン20H2の累積的な更新

Windows 10(バージョン21H1)

  • KB5004237 --2021-07 Windows10バージョン21H1の累積的な更新

追加のリソース