Multiscreen Blankは、オーバーレイを配置して画面を空白にしたり、暗くしたり、ミラーリングしたりする無料のマルチモニターツールです。

複数のモニター設定は、作業、ゲーム、そしてもちろんマルチタスクに最適です。 1つの画面に焦点を合わせる必要がある場合は、単一表示モードに切り替えて(もう一方の画面を無効にし)、後で再度有効にします。

Multiscreen Blankは、オーバーレイを配置して画面を空白にしたり、暗くしたり、ミラーリングしたりする無料のマルチモニターツールです。

マルチスクリーンブランクは、Windowsの複数のディスプレイ設定メニューをジャンプすることなく、これをすばやく実行できるフリーウェアツールです。

アプリケーションはポータブルアーカイブで出荷され、フォルダーのサイズは300KB弱です。拡張表示モードの使用について私が気に入らないことが1つあるとすれば、それはシステムトレイであり、これはプライマリ画面でのみアクセスできます。したがって、トレイからプログラムを管理する必要がある場合は、少し手間をかける必要があります。マルチスクリーンブランクにはトレイアイコンとフローティングウィンドウがあり、どちらもモニターを簡単に管理できるため、これはマルチスクリーンブランクの問題ではありません。

マルチスクリーンブランクトレイメニュー

ウィンドウを見てみましょう。モニターを表すボックスが表示されます。ディスプレイが2つある場合は、インターフェイスに2つのボックスが表示されます。ボックスをクリックして対応するモニターを選択し、それをダブルクリックするとモニターが空白になります。画面を復元するには、空白のモニターの内側をダブルクリックするか、モニターを右クリックして、メニューから[この画面を表示する]を選択します。ディスプレイをグループ化して、一度に管理することができます。

ノート :アプリケーションは表示をオフにせず、黒いオーバーレイで空白にするだけです。

マルチスクリーンブランク-ブランク画面

モニターを右クリックして名前を変更します。マルチスクリーンブランクのコンテキストメニューには、画面の調光オプションなど、より便利な項目があります。これもオーバーレイを使用します。つまり、ディスプレイの明るさを下げません。設定を通常に戻すには、[画面を表示]オプションを押します。

マルチスクリーンブランクインターフェース

空白の画面には独自のコンテキストメニューがあり、すべての画面を空白にし、現在の表示を表示し、残りを空白にすることができます。黒いオーバーレイが気に入らない場合は、画面を白くする[色を反転]オプションをオンにすることをお勧めします。

マルチスクリーンブランク-ブランクスクリーンメニュー

マルチスクリーンブランクは、公式ヘルプページにリストされているさまざまなコマンドラインオプションをサポートしています。プログラムには、仮想画面、スクラップ、ミラーなどの特別な機能がいくつかあります。仮想画面が機能するには、特別なハードウェア画面スプリッターが必要です。

マルチスクリーンブランク-スクラップ

スクラップは基本的に独自のウィンドウであり、画面の特定の領域を空白にしたり、オーバーレイの色を変更したりするために使用できます。ただし、スクラップは、画像(BMP、JPG、JPEG、PNG、GIF)の表示など、他の目的にも使用できます。スクラップの背後にあるコンテンツのスクリーンショットを撮りたい場合は、それも可能です。ウィンドウは手動でサイズ変更することも、画面の幅または高さに合わせて設定することもできます。

ミラーリング機能は、他のモニターで開くウィンドウに現在の画面のコンテンツを表示します。これを使用するには、プログラムのメインページでモニターを選択して右クリックし、[この画面をミラーリングする]オプションを選択します。ミニウィンドウで始まりますが、必要に応じてサイズ変更や移動ができます。

マルチスクリーンブランク-スクリーンミラーリング

マルチスクリーンブランクのフォルダにはINIファイルがありますが、その構成はディレクトリに保存されません。代わりに、ツールは設定をAppDataフォルダーに保存します。つまり、デフォルトでは実際には移植性がありません。これを修正するには、INIファイルから「パス」行を削除するだけで、プログラムが移植可能になります。または、INIファイルを削除するだけで、アプリケーションは同じディレクトリに構成ファイルを作成します。

画面が空白になっているときにマウスを使用するのが難しい場合(オーバーレイがポインタを非表示にしている場合)、プログラムの設定の[空白]タブからカーソルを表示するオプションを切り替えます。

マルチスクリーンブランクは、ホットキーがないのは少し残念ですが、コア機能を使いやすくしています。