NoScript 10 WebExtensionがリリースされました

人気のFirefoxセキュリティアドオンNoScriptの開発者であるGiorgio Maoneが、今日の最初の「純粋な」WebExtensionsバージョンであるNoScript 10をリリースしました。

NoScript 10は間に合わなかった Firefox 57のリリース用 、WebExtensionsのみをサポートし、Firefox 56以前のバージョンのレガシーアドオンシステムをサポートしないWebブラウザの最初のバージョン。

ただし、Firefox 57以降と互換性のある拡張機能は現在出ており、ユーザーがシステムをブラウザーのそのバージョンに既に更新している場合、ユーザーは最終的にデバイスにインストールできます。

注意 :現在Androidでは機能せず、プライベートブラウジングモードでも機能しません。

ジョルジオは、今年初めにNoScriptのハイブリッド拡張をリリースしました。ハイブリッド拡張の主な目的は、レガシーアドオンシステムからWebExtensionsシステムへの移行をできるだけスムーズにすることでした。

noscript webextension firefox

既存のNoScriptユーザーは、設定と設定を新しいバージョンに移行します。バージョン10への更新後にNoScriptの新しいバージョンを構成する必要がないので、これは朗報です。設定が正しく設定されていることを確認し、必要に応じて調整するために、環境設定を一度実行することをお勧めします。 。

NoScript 10は開発中です。 Firefox 57以降のバージョンのWebブラウザーにインストールできるようにWebExtensionとしてリリースされていますが、従来のアドオンの完全な1対1のコピーではありません。

それがまだ当てはまらない主な理由は、NoScriptがその機能の一部に必要とするAPIがまだ利用できないためです。

NoScript 10は、従来の対応物と同様に、コンテンツのブロックとXSS保護をサポートしています。新しいWebExtension APIのおかげでパフォーマンスが向上したパーツもあれば、NoScript 10で使用可能になる前に実装する必要があるパーツもあります。

インターフェースは以前のインターフェースとは異なって見え、オプションも現在ほとんどの設定を欠いています。今すぐNoScript 10のオプションを開くと、そのうちのいくつかしか取得できません。

noscript 10

アドレスをホワイトリストまたはブラックリストに登録したり、スクリプトをグローバルに許可したり、XSSホワイトリストをクリアしたりできます。それだけです。現在、ClearClickやABEなどの機能はありません。

NoScriptには、ホワイトリスト(信頼済み)ドメインのリストが付属しています。これらを削除することはできませんが、状態を変更することはできます。したがって、これらすべてをデフォルトに設定するとうまくいきますが、代わりにこれらを単に捨てることができれば明らかに良いでしょう。

セキュリティ拡張機能のメインインターフェイスも変更されました。 Firefoxのメインツールバーにあるアイコンをクリックして操作します。そこには、現在のWebページが確立しようとしたすべての接続と、それぞれのステータスがリストされています。

アドレスはデフォルトでブロックされていますが、ドメインのステータスを信頼または非信頼に設定することで変更できます。ここにある興味深いオプションの1つは、特定のコンテンツタイプのみを許可し、他は許可しないことです。

noscript custom

一時的にサイトを許可するオプションはまだありますが、見落としがちです。最初にドメインをカスタムに設定してから、表示された小さな時計のアイコンをクリックします。フロントエンドで一時的にすべてをホワイトリストに登録するオプションはありません。

UIは異なり、より多くのオプションを提供しますが、結果として特にGiorgioがテキストラベルからボタンに切り替わり、マウスを項目の上に置いたときにのみボタンに情報を表示するため、より複雑になります。

Giorgioは、Firefox ESRがバージョン59(少なくとも)に移行されるまで、セキュリティアドオンのレガシーアドオンバージョンであるNoScript 5.xを維持することを計画しています。これは2018年半ばに発生します。 NoScriptのレガシーバージョンを引き続き使用したいFirefoxユーザーは、それまでは、Firefox 52 ESR、またはレガシーFirefoxアドオンをサポートするPale MoonやWaterfoxなどのサードパーティのブラウザーに切り替えることで使用できます。

古い機能といくつかの新しい機能は、今後数週間で実装されます。コンテキスト権限は非常に有望に聞こえるものです。これにより、別のドメインのみを信頼することができます。ドメインBに読み込まれている場合にのみドメインAを信頼し、他の場所では信頼しません。

おわりに

NoScript 10がついに登場しました。それは良いことです。ただし、新しいバージョンは古いバージョンと比較して制限されており、Firefox 57以降に移行するユーザーは新しいUIと機能に慣れる必要があります。

そうでない人は、 マトリックスをチェック 代わりに同様の機能を提供します。

では、あなた :最初のNoScript WebExtensionリリースについてどう思いますか?