oGetがGoogle Chromeに外部ダウンロードマネージャーサポートを追加

組み込みのダウンローダーを使用して小さいファイルをダウンロードすることは、最近のWebブラウザーでは通常問題になりません。ただし、大量のファイルをダウンロードする必要がある場合や、ファイルのサイズが通常のダウンロードファイルよりも大きい場合は異なります。最初の問題は、WebサーバーまたはWebブラウザーの同時ダウンロード制限が有効になったときに明らかになり、2番目の問題は、大きなダウンロードが失敗して再開できない場合に発生します。また、Webブラウザーを閉じるとダウンロードが停止します。

ダウンロードマネージャーには、両方の問題に対する解決策があります。ユーザーは必要なだけファイルをキューに入れ、Webサーバーが同じことを行う場合は再開機能を提供できます。

FirefoxユーザーはFlashgotを持っています。これは、ダウンロードマネージャーをWebブラウザーに統合する優れたアドオンです。 Windows Chromeユーザーには、oGetという名前の同等のソリューションがあり、約30の異なるダウンロードマネージャーのサポートが追加されています。

サポートされているダウンロードマネージャーには、BitComet、LeechGet、FlashGet、GetRight、Free Download Manager、Orbit Downloader、Mass Downloaderなどの人気のプログラムがあります。サポートされているプログラムの中にダウンロードマネージャーが見つからないユーザーは、それをカスタムダウンローダーとして追加できます。

拡張機能がインストールされると、オプションメニューが表示されます。ここでは、サポートされている利用可能なダウンロードマネージャーからデフォルトのダウンロードマネージャーを選択するか、カスタムマネージャーを設定できます。拡張機能は、インストールされているダウンロードマネージャーをすぐに認識します。その他はすべて選択できません。

その瞬間から、すべてのダウンロードを構成済みのダウンロードマネージャーにリダイレクトできます。これは、Ctrl-Altを押しながらファイルダウンロードリンクを左クリックするか、拡張機能のオプションでオプションが有効になっている場合はShiftキーを押しながら右クリックすることで実行できます。 Shift右クリックオプションでは、マウスを置いたファイルのみ、またはページ上のすべてのダウンロードリンクをダウンロードできるため、非常に快適です。

さらに、オプションで統合モード設定を構成することにより、特定のファイルタイプをダウンロードマネージャーに直接リダイレクトできます。これにより、これらのファイルタイプのダウンロードが左クリックでダウンロードマネージャーに送信されます。

chrome download manager
Chromeダウンロードマネージャー

ダウンロードマネージャーの統合は、初期構成後に期待どおりに機能します。悪いニュースは、拡張機能は現在、ChromeのMicrosoft Windowsインストールのみをサポートしていることです。ダウンロードマネージャーインテグレーターは 利用可能 Chrome Extensions Galleryに直接インストールします。 (経由 Tech Trickz