オープンソースのクロスプラットフォームRSSリーダーであるFluentReaderを使用して、お気に入りの記事を1か所で読む

最新のニュースを常に把握するために何をしますか?手動でページにアクセスしますか、それともメールマガジンを購読しますか?私の意見では、RSSフィードの方が優れており、更新頻度が速く、読みやすく、管理しやすいです。

FluentReaderを使用して1か所からお気に入りの記事を読む

Feedlyのようなサービスを好む人もいれば、モバイルアプリやセルフホストプログラムを使用する人もいれば、デスクトッププログラムに依存する人もいます。私はQuiteRSSユーザーであり、他のプログラムを時々試します。

これが私が最近テストしたものです:FluentReader。これは、ユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを提供するオープンソースのクロスプラットフォームRSSリーダーです。ユーザーインターフェイスは空白で始まり、どこに行くべきかを示す標識はありません。右上隅にある歯車のアイコンをクリックします。これにより、OPMLフィードをインポートできるウィンドウが開きます。これは、別のRSSリーダーから移行する場合に便利です。プログラムはフォルダ構造を保持します。これは良いことです。 OPMLフィードをインポートした後、アプリを再起動する必要がありました。

Fluent ReaderRSSフィードソース

または、最初からやり直す場合は、フィードのURLをボックスに貼り付けて、[追加]ボタンをクリックします。数秒待つと、アプリがウェブサイトのファビコンを取得し、フィードをソースに追加します。

フィードを選択して、カスタマイズを開始します。ドロップダウンメニューを使用して、サブスクリプションの名前、アイコン、およびURLを編集します。 2番目のメニューからフィードの更新頻度を変更します。デフォルトでは無制限に設定されていますが、15/30分、1時間に1回、数時間、または1日に1回だけに変更できます。

FluentReaderマガジンビュー

Fluent Readerのメインページに戻ると、新しい記事ごとに1つずつ、カードのセット(サムネイル)が表示されます。記事のタイトルと画像、ウェブサイトのロゴが含まれています。カードの上にマウスを置くと、ページの最初の数文が表示されるようにアニメーション化されます。

流暢なリーダーリストビュー

ビューが気に入らない場合は、ツールバーのベルアイコンの横にあるボタンをクリックしてください。これにより、リストビュー(見出しと画像のみ)、マガジンビュー(より大きなカードビューの一種)、コンパクトビュー(見出しのみ)を使用するようにプログラムを設定できます。リストの各項目には、未読の投稿を示すドットと、投稿の古さを示すタイムスタンプがあります。

FluentReaderコンパクトビュー

左上隅のハンバーガーメニューボタンからサイドバーにアクセスすると、フィードとグループ(フォルダー)が一覧表示されます。検索バーを使用すると、必要なフィードや記事をすばやく見つけることができます。グループまたはフィードを右クリックして更新するか、既読としてマークするか、ソースを管理します。

FluentReaderサイドバー

ツールバーのボタンをクリックして、フィードを更新します。すべての記事を既読としてマークするか、1、3、または7日経過した記事のみをマークします。投稿を選択して読んでください。 Fluent Readerは、フィードで利用可能なRSSコンテンツをダウンロードします。これは、サイトごとに異なります。

流暢な読者グループ

デフォルトのモードであるRSSフルテキストは、画像を含む一種のリーダービューで記事を読み込みます。ブラウザのように投稿を表示するフルコンテンツモードのように、ソース画面から選択できる他のモードがありますが、Webサイトのサイドバー、ヘッダー、コメントなどはありません。3番目のオプションであるWebpageは、ページをそのまま表示します。広告やサイト上のすべての視覚要素を含む、Webブラウザに表示されます。あなたはあなたのブラウザで記事を読むことを好みますか?その場合は、ブラウザでリンクを開くようにフィードリーダーを設定できます。

FluentReaderの右クリックメニュー

Fluent Readerのメインページの投稿を右クリックして、いくつかの特別なアクションを実行します。投稿にスタ​​ーを付けてお気に入りに追加し、記事を非表示にし、既読としてマークし、ブラウザで開き、ページを共有し、タイトルまたはリンクをコピーします。

[設定]ページの[グループ]タブでは、フォルダを管理できます。グループの名前を入力し、[作成]ボタンをクリックすると、使用できるようになります。フォルダをドラッグアンドドロップして、リストを再編成します。グループに新しいフィードを追加するには、最初に[ソース]タブからフィードを追加する必要があります。次に、[グループ]タブに切り替え、フィードを選択して、表示されるドロップダウンメニューからグループを選択する必要があります。これはすぐに面倒になります。

Fluent Readerは、記事を既読として自動的にマークしたり、投稿にスタ​​ーを付けたりするなど、いくつかのことを自動化できます。いくつかのルールを設定し、タイトルまたは作成者をキーワードと一致させる(または一致させない)かどうかを選択してから、実行するアクションを選択できます。トリガーされ、設定を確認します。 Fluent Readerは、オフラインでの読書に加えて、フィードを一部のオンラインサービスと同期させることができます。フィーバー、Feedbin、およびInoreader。これらのサービスを使用していないため、これらをテストできませんでした。

FluentReader内蔵リーダー

組み込みのフィードリーダー(ブラウザー)は非常に優れており、お気に入りのオプションを備えたツールバーがあり、記事を既読としてマークし、外部ブラウザーでページを開き、QRコードを表示します。お使いの携帯電話の記事。

流暢なリーダーダークテーマ

アプリには、切り替えることができるダークモードがあります。 Fluent Readerは記事を自動的に取得しません。10/ 15/20/30/45分または1時間ごとに取得するように設定できます。プログラムは、使用されているデータの量を通知し、データをクリーンアップするためのボタンがあります。 Fluent Readerの説明によると、アプリケーションを終了するとすべてのCookieがクリアされます。新しいコンピューターに移動しますか、それともOSを再インストールしますか?プログラムの設定をバックアップおよび復元するので、正方形から設定する必要はありません。

Fluent Readerは、 WindowsストアMac App Store とから GitHub

注:ストアバージョンは無料試用版としてリストされていますが、実際には有効期限が切れていないため、使用するために料金を支払う必要はありません。それが気に入らない場合は、GitHubバージョンを使用してください。

Electronアプリには、32ビットおよび64ビットコンピューター用のオプションのポータブルバージョンがあります。 iOSとAndroidのバージョンは、それぞれのアプリストアで見つけることができます。後者には、プロジェクトのページから入手できる無料バージョンがあります。プログラムのデザインは良く、使いやすいです。それはグループ管理のいくらかの改善を必要とします、そしてそれがニッチな機能であるとしても、ポッドキャストをサポートすることは素晴らしいでしょう。

では、あなた: RSSを使用していますか?その場合、フィードを追跡するためにどのサービス、プログラム、またはアプリを使用しますか?