Windows 7 SP1バックアップを削除してディスク領域を解放する

Windows 7オペレーティングシステムの最初のサービスパックが昨日リリースされました( Windows 7 Service Packアップデートダウンロードライブ )そして、ほとんどのWindows 7ユーザーはアップデートのインストールに問題がなかったかのようです。サービスパックは、それらを再度アンインストールするオプションとともにインストールされます。これは、システムの更新後に非互換性または安定性の問題が発生した場合に役立ちます。

さらに、サービスパックを問題なくインストールしたユーザーは、サービスパックをアンインストールできるバックアップファイルを必ずしも必要としません。これらのユーザーは、バックアップファイルを削除することにより、Windowsパーティションのディスク領域を解放できます。

バックアップの削除を決定する前に、少なくとも数日間はサービスパックでオペレーティングシステムをテストすることをお勧めします。せっかちなユーザーは、バックアップデータがシステムから削除された後にService Packをアンインストールする必要が生じた場合にシステムを復元するために使用できる代わりに、システムパーティションのイメージを作成することがあります。

どのくらいのディスク容量について話しているのですか? Windows 7 Professional 64ビットシステムでテストを行いました。空き領域は、クリーンアップ前の18.9ギガバイトから、後の22.2ギガバイトに増加しました。これは3ギガバイト以上の容量です。オペレーティングシステムの性質上、32ビットユーザーがそれよりも少ないスペースを解放できる可能性があります。それでも、ギガバイトは解放されます。

free up disk space windows 7 sp1 space after service pack cleanup

Windows 7 Service Pack 1バックアップファイルの削除

Windows 7 Service Pack 1インストールのバックアップファイルを削除する最も簡単な方法は次のとおりです。管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。これを行うには、開始orbをクリックし、[すべてのプログラム]> [アクセサリ]を選択し、[コマンドプロンプト]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

Service Packのインストール後、次のコマンドを使用してディスク領域を解放します。

dism / online / cleanup-image / spsuperseded

removing backup files

プロセスは完了するまで数分かかり、「サービスパックのクリーンアップ操作が完了しました。操作は正常に完了しました。

ディスクスペースをクリーンアップした後は、サービスパックをアンインストールできないことに注意してください。コマンドで解放したディスク容量を教えてください。

dismに関する追加情報が必要ですか?ドライバーサービスのコマンドラインオプションを確認する で終わる Technet。

更新 :コマンドラインツールを実行する代わりに、ディスククリーンアップツールを使用して操作を実行することもできます。

  1. Windowsキーをタップして、検索ボックスに「ディスククリーンアップ」と入力します。
  2. 同じ名前の結果を選択し、プログラムウィンドウが開いたら、Windowsがインストールされているドライブ文字を選択します。
  3. ディスククリーンアップが開いたら、[システムファイルのクリーンアップ]をクリックします。
  4. もう一度Windowsドライブを選択し、スキャンが完了するまで待ちます。
  5. 「Windows Update Cleanup」がチェックされていることを確認してください。
  6. その後[OK]をクリックし、操作が完了するまで待ちます。