セッションマネージャーを使用してFirefoxセッションを保存およびロードする

Firefox Webブラウザーは、セッション情報を一定間隔で自動的に保存します。デフォルトの間隔は15秒に設定されており、about:config構成ウィンドウで変更するオプションがあります(参照: Firefoxでセッションストア間隔を変更する )。

ただし、Firefoxは1つのセッションしか保存しないため、ブラウザのほとんどのユーザーにとってそれは問題ではありませんが、一部のユーザーにとっては問題になる可能性があります。基本的に、Session Managerは、ユーザーの要求に応じて、または自動的に複数のセッションを保存するオプションなど、より優れたセッション管理を提供します。これだけでも、ときどきクラッシュしたり、最近開いたタブの保存を妨げる可能性のあるその他の問題が発生しているユーザーにとって非常に役立ちます。

セッションを保存することは、ブラウザーをさまざまな目的(仕事と仕事の後など)で使用するユーザーにとっても有益です。複数のプロファイルを操作する代わりに、異なる目的を切り替えるたびに、単にセッションを保存してロードすることができます。

セッションマネージャーの後継者 セッションセーバー は、ユーザーの要求に応じて、または自動的にセッションを保存および復元できるFirefoxアドオンです。 Firefoxアドオンは、ブラウザーのシャットダウン時にセッションを自動的にバックアップします。このオプションおよびその他の多くは、プログラム設定で変更できます。

セッションマネージャーは、最も重要な拡張オプションにリンクするエントリをブラウザーのFirefoxメニューに追加します。

session manager

バックアップセッションには、拡張機能によって自動的に保存されたセッション、セッションの保存と読み込み、セッションのグループ化、拡張機能の設定を開いてその動作を構成するためのセッションマネージャーオプションが一覧表示されます。ユーザーが保存したセッションは、Session Managerでロードできます。

セッションを保存するには、[セッションマネージャー]> [セッションの保存]を選択して保存します。拡張機能は、現在開いているすべてのウィンドウとタブのリストを表示します。ここでは、すべてのウィンドウとタブ、または選択したウィンドウとタブのみを保存できます。

save sessions

さらに、名前を説明的な名前に変更し、保存したセッションを特定のグループに入れることもできます。

オプションで拡張機能の動作を設定できます。ここでは、セッションが自動的に保存されるかどうか(ブラウザーの開始時、シャットダウン時)、セッションの復元方法(既存のウィンドウの置き換え、セッションの復元時にキャッシュのバイパス、現在のウィンドウのタブとして開く)を定義し、キーボードショートカットを構成できます。プログラム機能にすばやくアクセスできます。

firefox session manager

拡張機能の設定は広範囲にわたっており、ほとんど必要ありません。セッションは、セッションの下のFirefoxプロファイルフォルダーに保存されます。保存時に開いているタブやウィンドウの数によっては、かなりの領域を占める場合があります。

FirefoxユーザーはSession Manager拡張機能をダウンロードしてインストールできます から 公式Mozilla Firefoxアドオンリポジトリ。