サイトごとに1つのプロセスを使用してChromeのメモリを節約する

Google Chromeを起動していくつかのサイトを開いた後、コンピューターシステムでタスクマネージャーを開くと、ブラウザーで開いているタブごとに1つのプロセスに加えて、ブラウザーコア用とGPU用に1つずつプロセスが使用されていることがわかります(グラフィックス処理ユニット)。

ブラウザのメモリ使用量は、それが生成するプロセスの数に大きく影響されるため、システムのRAMが少ない場合を除いて、心配する必要はありません。

ブラウザで多くのタブ、たとえば100以上を実行すると、実際の問題が明らかになります。システムのパフォーマンスへの影響に気づくかどうかは、インストールされているRAMに依存しますが、最終的には限界に達すると言っても安全です。

ヒント :ブラウザでchrome:// memory-redirectを開いてメモリ情報を表示できます。 (更新:Googleはオプションを削除しました)。そこで、インスタンスとそのプロセスIDについてリストされた各タブが見つかります。これを使用して、Windowsタスクマネージャーで検索できます。

chrome processes

Chromeはデフォルトで、開いた各Webサイトを独自のプロセスで起動します。タブでGhacksの5つのページを開くと、chrome.exeの5つのプロセスが表示されます。

安定性とセキュリティに優れていることもありますが、ページを互いに分離して1つの問題がブラウザ全体を停止させるのを防ぐため、そのメモリを使用する価値はありません。

起動パラメーターを使用して、Chromeのプロセス処理方法を切り替えることができます -サイトごとのプロセス 。その場合、Chromeは開いたWebサイトに対して単一のプロセスを起動します。 5つのGhacksページは、5つの異なるプロセスではなく同じプロセスで実行され、プロセスのRAMをかなり節約します。

パラメータを使用するには、それをChromeショートカットに追加するだけです。 Windowsでは、Chromeの起動に使用するショートカットを右クリックして、プロパティを選択します。ショートカットがタスクバーに添付されている場合は、ジャンプリストが開いたら、プログラムの名前をもう一度右クリックします。

ターゲットフィールドを見つけて、パラメータを最後に追加します。 chrome.exeと--process-per-siteの間にスペースがあることを確認してください。私のテストシステムでは、完全な行は現在次のようになっています:C: Users Martin AppData Local Chromium Application chrome.exe --disable-plugins --process-per-site。

chrome one process per site

変更を有効にするには、後でGoogle Chromeを再起動する必要があります。後で問題が発生した場合は、ショートカットからパラメーターを再度削除すると、すべてが正常に戻ります。

この方法は、Chromeでいつでも多数のタブを開いており、そのうちの少なくともいくつかがルートドメインを共有している場合に最適です。そうでない場合は効果がありません。