このFirefox拡張機能を使用してWebP画像をJPGまたはPNGとして保存する

WebPと呼ばれる画像形式に出くわしたことがあるかもしれませんが、それは約10年前から存在しています。この画像コンテナはGoogleによって開発され、ショッピングポータルを含む多くのウェブサイトで使用されています。

WebPをPNGまたはJPEGとして保存-ページのコンテキストメニュー

WebPの厄介な点は、多くの画像エディタがこの形式をサポートしていないことです。そのため、WebPイメージをダウンロードすると、使用が困難になる場合があります。別の形式で直接保存することはできませんが、いくつかの回避策があります。

最近まで使っていた最も簡単な方法は、画像をクリップボードにコピーし、画像エディタに貼り付けてから、別の形式で保存することです。これは必ずしも便利ではありませんが、機能します。

最近、Save WebP as PNGまたはJPEG(Converter)というアドオンに出くわしました。拡張機能は私にとって本当に便利でした、そして私はそれについての私の記事でそれについて言及しました Firefox 88 。しかし、最初に、これが私が画像を保存しようとしたスクリーンショットの例です。それはWebP形式でした。

WebP画像を保存するFirefox

ただし、WebPをPNGまたはJPEGとして保存すると、さまざまな形式と解像度で画像を取得できました。カッコいい。では、どのように使用するのでしょうか。インストールすると、拡張機能はブラウザのページコンテキストメニューからアクセスでき、「webPに名前を付けて保存」というラベルが付けられます。画像を右クリックし、[WebPに名前を付けて保存]を選択すると、画像の上にいくつかのオプションが表示されます。

WebPの例2を保存する

これらには、画像を保存する形式を選択するオプションが含まれ、PNG、JPG(100%品質、または92/85/80/75%)、およびGIFを選択できます。アドオンは、デフォルトのFirefoxダウンロードディレクトリ内の独自のフォルダに画像を保存します。例えばC: Users Ashwin Downloads Save_webP。

WebPをPNGまたはJPEGFirefox拡張機能として保存

拡張機能のオーバーレイの[i]ボタンをクリックして、画像のURL、サイズ、タイプ、サイズ、代替テキストなどの画像に関する情報を表示します。 Setitngのボタンを押して、アドオンのオプションページに移動します。

WebPをPNGまたはJPEG設定として保存する

SaveWebPのデフォルトの動作は次のとおりです。コンテキストメニュー項目を1回クリックすると、ボタンバー(オーバーレイ)が表示されます。 Shiftキーを押しながらクリックすると画像がPNG形式で保存され、Ctrlキーを押しながらクリックすると92%JPGとして保存されます。別のオプションを設定することで、クリック動作をカスタマイズできます。 PNGとさまざまなJPG品質のどちらかを選択することしかできないため、GIFはサポートされていません。

WebPをPNGまたはJPEG設定として保存する2

オーバーレイのボタンのいずれかが無関係であることがわかった場合は、それらを無効にすることができます。 [WebPに名前を付けて保存]のファイル名ルールを設定できます。これには、イメージの保存中にダウンロード日、時刻、サイト名、およびイメージサーバー名を含めることができます。

注:[WebPの保存]コンテキストメニュー項目で何も実行されない場合がありましたが、この問題は、背後で使用しようとしたときに発生しました。アドオン。このシナリオで機能しなかった理由は、背後にあるためだと思います。サーバーのページではなく、独自のローカルタブを使用して画像を読み込むため、WebP拡張機能は画像に直接アクセスできませんでした。これにも回避策があります。画像を右クリックし、[新しいタブで画像を開く]を選択すると、アドオンが画像を保存する方法を提供します。

webPをPNGまたはJPEGとして保存する オープンソース 拡大。同じ開発者からのオプションのアドオンがあります 'と呼ばれます 画像/ WebPを受け入れない '、これはブラウザにWebP形式の画像をロードしないように指示します。このコンパニオンアドオンの問題は、Webサイトが壊れることがあり、サーバーが画像をまったく送信しない可能性があり、webPがブロックされていることです。幸い、拡張機能のボタンはトグル(サイトごとではなくグローバル)として機能し、問題を回避するために使用できます。