System Ninja 2.3.2がブラックリストサポート付きでリリースされました

システム忍者 のような一時的なファイルクリーナーです CCleaner または ブリーチビット 。このプログラムは、システムをスキャンしてジャンクファイル、一時ファイル、その他の不要なファイルを探し、ディスク領域を解放します。システム忍者は、どちらも同じ機能を提供するポータブルバージョンとインストーラーとして利用できます。

プログラムを初めて起動すると、プログラムのコア機能につながる上部に3つのタブが表示されます。ジャンクスキャナーは、一時ファイルのハードドライブを選択してスキャンします。 CCleanerやBleachbitほど多くのサードパーティのクリーニングオプションは提供していませんが、ブラウザーとオペレーティングシステムのトレースと一時ファイルのクリーニングに関しては非常にしっかりしています。

残りの2つのタブは、システムからプログラムを削除し、実行中のプロセスを強制終了するために使用できるスタートアップおよびプロセスマネージャーと、ハードウェア情報をリストするPC分析セクションにリンクしています。スタートアップおよびプロセスマネージャは基本的なものであり、Windowsツールは同じジョブを問題なく処理できるため、通常は必要ありません。

system ninja 2.3.2

システム忍者は本日バージョン2.3.2にアップデートされました。既存のユーザーは、[オプション]> [設定]> [今すぐ確認]で更新を確認できます。プログラムは新しいバージョンを認識し、自動的に更新することを提案する必要があります。新規ユーザーは、開発者のWebサイトから最新バージョンをダウンロードできます。 Singular Labs

新しいバージョンでは、特定のプログラムを無視するオプションを含む新機能がプログラムに導入されており、基本的にアプリケーションによるデータのクリーンアップからデータを保護しています。新しいシステム忍者バージョンには、ポーランド語、ロシア語、スウェーデン語のインターフェース言語が付属しており、Windows 8との互換性が向上し、アップデートチェックにベータ版を含めるオプションが追加されています。

このソフトウェアは、CCleanerほど機能が豊富ではありません。たとえば、カスタムフォルダーまたは場所をクリーンアップに追加するオプションはありません。一方、一時ファイルクリーナーを探しているだけのユーザーは、両方のプログラムがそのタスクを実行できる能力を超えていると感じます。

CCleanerユーザーですか、それともシステムのクリーンアップに別のプログラムを使用しますか?