これらは、Windows11の非推奨および削除された機能です。

Windows11は今年後半にリリースされる予定です。 Windows 10ユーザーは、新しいシステムに無料でアップグレードできます。 デバイスがすべてのシステム要件を満たしている場合 、または2025年までサポートされ続けるWindows10にとどまる可能性があります。

多くの機能の更新、特にWindowsの新しいバージョンの場合と同様に、一部の機能は非推奨になるか、新しいシステムから完全に削除されます。

このPCはWindows11を実行できません

マイクロソフト 公開 機能のリストは、Windows 11で非推奨または削除されたものです。ほとんどは、削除または非推奨になると予想されますが、一部の変更は新しいものです。

ユーザーの観点から見た最大の変更点は、タスクバーの下部のロックされた位置と、[スタート]でのアプリケーションフォルダーの削除です。

Windows11で削除または廃止された機能

  1. タスクバー
    • 一番下の位置は、今後のタスクバーの唯一の場所です。
    • アプリケーションはタスクバー領域をカスタマイズできなくなりました
    • 人々は削除されます。
    • 一部のアイコンがシステムトレイに表示されなくなる場合があります。
  2. スタートメニュー
    • 名前付きグループとアプリケーションフォルダはサポートされなくなりました。
    • 現在、レイアウトのサイズは変更できません。
    • ライブタイルはご利用いただけなくなりました。
    • 固定されたアプリとサイトは移行されません。
  3. タブレットモードが削除されました(キーボードの取り付けおよび取り外しの姿勢に新しい機能が追加されました)
  4. タッチキーボードは、18インチ以上の画面サイズでドッキングまたはドッキング解除されなくなりました。
  5. タイムライン機能が削除されました。
  6. ウォレットが削除されました。
  7. Cortanaは、経験した、またはタスクバーに固定された最初のブートには含まれなくなりました。
  8. Microsoftアカウントを使用すると、デスクトップの壁紙が同期されなくなります。
  9. InternetExplorerが無効になっています。ギャップを埋めるために、EdgeのIEモードを使用できます。
  10. 数学入力パネルが削除されます。 MathRecognizerはオンデマンドでインストールされます。
  11. News andInterestsはWindowsウィジェットに進化しました。
  12. クイックステータスがロック画面と設定から削除されました。
  13. SモードはWindows11 HomeEdition専用です。
  14. Snipping Toolは引き続き利用できますが、機能はSnip&Sketchツールの機能に置き換えられました。3DViewer、OneNote for Windows 10、Paint 3D、Skypeは新しいシステムにインストールされなくなります。システムがアップグレードされても、これらは引き続き使用できます。

では、あなた :これらの変更のいずれかによって影響を受けますか?