Thunderbirdを後で送信、メールをスケジュール

メールを後で送信したい場合があります。それは、誰かに特定の時間ではなく特定の時間に受信してもらいたい場合や、メールサーバーの過負荷を回避したい場合などです。

Thunderbirdのメールクライアントにはメールスケジュールオプションがありません。特定の時間にメールを送信するには、手動での回避策が必要です(下書きとして保存する、指定した時間に送信する、または送信するときにThunderbirdをオフラインモードに設定してオンラインにする)メール)。それはあなたの物理的な存在を必要とするので、それは常に機能しません。

Thunderbird電子メールクライアントのSend Later 3拡張機能を入力します。 [後で送信]は、予定どおりに機能します。後で送信されるように電子メールをスケジュールします。そのためThunderbirdを開いたままにする必要がありますが、メールは拡張機能によって選択された日時に自動的に送信されるため、もう立ち会う必要はありません。

拡張機能には2つのオプションがあります。 [送信]ボタンをハイジャックして、すべての送信で[後で送信]メニューを表示したり、電子メールクライアントの利用可能な構成ツールバーの1つに配置する必要のあるボタンを介して使用したりできます。

最初のオプションは、拡張機能の設定で有効にする必要があります。 Thunderbirdで[送信]ボタンがアクティブになると、次のメニューが表示されます。

send this email later

このメールを後で送信するインターフェースは、一見すると混乱しているように見えるかもしれません。日時を指定するか、事前に構成されたオプションの1つを選択して、後で電子メールを送信できます。同じメニューには、電子メールを複数回、たとえば週または年に1回送信するオプションが含まれています。

Thunderbirdの書き込みヘッダーの空きスペースを右クリックし、[カスタマイズ]を選択すると、コンポジションツールバーに追加できるインターフェース要素が表示されます。これは、ボタンセットをツールバーにドラッグアンドドロップして行います。

send later

ここでは、選択したメッセージが送信される特定の日付と時刻を設定できます。

send later 3

オプションには、ホットキーを構成するためのさまざまな構成設定や、Thunderbirdの送信ボタンをハイジャックする前述のオプションなどがあります。

新しいユーザーは、 ユーザーガイド プリセットボタンの動的な値や、平日に基づく送信ボタンと後で送信するボタンの切り替えなどの基本的な機能と高度な概念を説明する開発者のWebサイト。

後で送信3 Thunderbird電子メールクライアントのバージョン2から最新のビルドまでのすべてのバージョンと互換性があります。