Tricycleはオープンソースのユーザーフレンドリーなビデオコンバーターです

ビデオの変換に関しては、誰もが異なるニーズを持っています。携帯電話やテレビで見たい人もいれば、ソーシャルネットワークでコンテンツを共有するのに適したフォーマットを探している人もいます。

Tricycleはオープンソースのユーザーフレンドリーなビデオコンバーターです

プレミアムビデオコンバーターを忘れて、素晴らしい仕事をする無料のものがたくさんあります。ハンドブレーキは、ほとんどのユーザーにとって威圧的に見えるかもしれませんが、おそらく多くの中で最高です。

Tricycleは、使いやすさを重視して設計されたオープンソースのビデオコンバーターです。インターフェイスにはたくさんのボックスがありますが、それで怖がらないでください。参照ボタンを使用して、変換するビデオをナビゲートおよび選択します。ソースを追加すると、プログラムはメディアの長さと解像度をソースのパスの上にある小さなボックスに表示します。

三輪車ビデオコンバーター-ソースビデオを追加

ビデオエンコーディングフォーマットを選択します。AVCとHEVCのどちらかを選択できます。後者に慣れていない場合は、すべてのデバイスでx265ビデオを再生できるわけではないため、AVCを使用することをお勧めします。そのため、HEVCコンテナを使用しないことをお勧めします。

三輪車ビデオコンバーター-ビデオエンコーディングタイプを設定します

Tricycleの次のオプションは品質です。3つのレベルから選択できます。良い、良い、そして最高。品質が高いほど、ファイルサイズは大きくなります。 HDRモニターまたはテレビをお持ちの場合は、ビデオをディスプレイ技術と互換性のあるものにするオプションを有効にすることをお勧めします。サイズメニューでは、1080p、720p、480pなどのビデオの解像度を選択できます。オプションで、ビデオをトリミングして、上部と下部の黒いバーを削除できます。ビデオコンバーターはソースファイルとしてアスペクト比を維持しますが、必要に応じて4:3または16:9に切り替えることができます。

三輪車ビデオコンバーター-ビデオ解像度を設定

変換するビデオの品質が低い場合は、ノイズを減らすオプションを切り替えて、見栄えを良くすることができます。字幕セクションでは動画に字幕を追加することはできませんが、メディアにすでにクローズドキャプションが組み込まれている場合は、クリックするだけで削除できます。画面下部の宛先ドロップダウンメニューからビデオ出力形式を選択します。2つの選択肢から1つを選択できます。 MP4またはMKV。

Tricylceのインターフェイスの右側のペインにあるオーディオセクションに移動しましょう。ここには、必要なサウンドトラックを選択するための3つのオプション、変換するオーディオ形式、およびミックスダウン(ステレオまたはモノラルチャネル)設定があります。ビデオに複数のオーディオトラックを追加し、各トラックをカスタマイズできます。

ウィンドウの左上隅にあるモニターアイコンを押して、ビデオの一部のシーン(静止画像)をプレビューします。設定に問題がなければ、再生ボタンをクリックすると、Tricycleがビデオの変換を開始します。エンコードプロセスはFFmpegに依存しています。ソースメディアのサイズと品質、および選択した設定によっては、変換に時間がかかります。画面下部のステータスバーには、変換タスクの進行状況が表示されます。 [トランスコード完了]ウィンドウがポップアップするまで待ちます。

三輪車ビデオコンバーター-タスクが完了しました

Tricycleは、Windows7以降およびmacOS10.3以降で実行されているコンピューターと互換性があります。プログラムを実行するには、.NET Framework4.6.1が必要です。品質に来る、別名良い、より良い、そして最高。それらの唯一の違いは、データレートとビットレートです。

プログラムは691MBの1080pビデオを281MB(良い)、355MB(より良い)そして445MB(最高)に変換しました。 「良い」は完全に許容できると思いますが、データを大量に消費している場合は、「より良い」品質を維持することをお勧めします。

三輪車ビデオコンバーター-ファイルサイズと詳細の比較

Tricycleはリソースに非常に負荷がかかり、テスト中に最大95%のCPU使用率、および約750MBのRAMに達しました(1080pビデオ変換)。当然のことながら、限界まで課税されるため、プロセッサの温度は大幅に上昇しましたが、極端なレベルには近くありませんでした。三輪車を使うには強力なCPUが必要だと思います。プログラムはファイルをバッチ変換できません。リソースの使用量を考慮すると、それはおそらく良いことです。