Windows 10ビルド16215:全体的な使いやすさの向上

マイクロソフト 解放された 昨日、新しいWindows 10 Insider Previewビルド16215がリリースされ、使いやすさが大幅に改善されたリストが同梱されています。

高速リングを使用しているWindows Insiderは、Windows Updateを使用してすぐに更新を確認できます。 PCはそれを自動的にピックアップし、デバイスにインストールします。

ただし、リリースには取引ブレーカーが含まれている可能性があるため、最初に既知の問題のリストを必ずお読みください。たとえば、Microsoft .NET 3.5や開発者モードなどのWindows Updateのオンデマンド機能は、このビルドでは使用できません。また、Surface Pro 1や2などのデバイスではWiFiがオフになる場合があり、その時点で使用できる唯一のオプションは、前のビルドにロールバックすることです。

Windows 10ビルド16215

insider preview

新機能と改善点のリストは膨大であり、完全に処理するには時間がかかります。

新しいキーボードショートカット:

  • Windows-Hでディクテーションを開く
  • Win +。またはWin +;新しい絵文字パネルを開きます。
  • Microsoft Edgeの全画面モードを切り替えるためのF11。

最初にいくつかのハイライトを見てみましょう(順不同)。

スタートメニューの改善

スタートメニューのサイズ変更ロジックが更新されました。垂直、水平、斜めのサイズ変更操作を使用できるようになり、水平方向のサイズ変更操作で固定幅に制限されなくなりました。

ディクテーションサポート

タッチキーボードエクスペリエンスを向上させるために、多くの新機能と変更が追加されました。私の意見では、おそらく最もクールなのは、デスクトップでのディクテーションのサポートです。マイクアイコンをタップして新しいディクテーションを開始するか、代わりに新しいホットキーWindows-Hを使用します。

この機能は英語と中国語のみをサポートしており、現在のところ、今後のアップデートでより多くの言語が計画されています。テキストのディクテーションとは別に、音声コマンドを使用してハンズフリーエクスペリエンスを実現することもできます。

  • バックスペースを押す
  • 明確な選択
  • 削除を押す
  • それを削除
  • 最後の3語を削除
  • 口述をやめる
  • スペルを終了
  • 後を追う
  • 段落の最後に移動
  • 前の単語に戻る
  • の最初に行く
  • 段落の最初に移動
  • 次の文に行く
  • 文の終わりに行く
  • 単語の最初に移動
  • 左に行く
  • 右に動く
  • 「選択
  • それを選択
  • 次の3つの単語を選択
  • スペルを開始
  • カンマ」(または「ピリオド」、「クエスチョンマーク」など)

その他の機能と改善:

  • このビルドで新しいタッチキーボードが起動します。
  • テキスト予測の機能強化。
  • 絵文字エクスペリエンスの向上。
  • 片手タッチキーボード。 (片手で使用できる新しいレイアウト)。
  • 新しいタッチキーボード設定メニュー。

シェルの改善

shell improvements

[共有]メニューに、リンクをコピーするオプションがついに追加されました。 Windows 10の現在の安定バージョンで表示されるのは、インストールされているアプリ(メールやTwitterなど)の共有オプションだけですが、リンクをコピーして、そのリストにないプログラムと共有するオプションはありません。

マイクロソフトによると、もう1つの改善点はローカルメディアフォルダーの検出の改善です。写真、Groove Music、Music&TVなどのUWPアプリケーションは、メディアを含む「関連フォルダー」を検出し、それらをコレクションに追加することを提案します。現在、制限は30以上のメディアアイテムに設定されているようです。

マイクロソフトエッジ

Microsoft Edgeは、新しいビルドで多くの改善を得ました。

  • 従来の「タスクバーに固定」オプションは、ウェブサイトに戻ってきました。これを使用するには、Microsoft Edgeの[設定]メニューを選択し、[このページをタスクバーに固定する]コンテキストメニューオプションを選択します。
  • 新しいフルスクリーン体験。 F11キーを押して全画面モードを切り替えるか、代わりに[設定]メニューの全画面アイコンを使用します。
  • 本の注釈サポート。 EPUBブックを強調表示し、下線とコメントを追加できます。

コルタナ

cortana camera roll insights

Cortanaを使用している場合、Windows 10ビルド16215で導入された新しい「ビジョンインテリジェンス」機能が役立ちます。これにより、Cortanaは画像やサイトの日時を識別できます。

  • Cortana Camera Roll Insights- Cortanaにカメラロールへのアクセスを許可します。Cortanaはそのときから、イベントのチラシの写真を撮るたびに、リマインダーを作成するかどうかを尋ねます。 (インサイトは、電源に接続されている場合と、計量されていないネットワークでのみ機能します)。
  • コルタナラッソ -ペンを使用して画面上の関連情報に丸を付け、Cortanaに今後のイベントの時間を認識させます。使用するには、[設定]> [デバイス]> [ペンとWindowsインク]> [長押し]にアクセスし、ドロップダウンから[Cortana Lasso]を選択します。 (長押しをサポートするペンでのみ機能します)。

設定の変更

設定アプリに関するマイクロソフトの作業は継続しています。 Windows 10ビルド16125では、かなりの数の変更と新しいオプションが導入されています。

  1. 設定>カスタマイズ>ビデオ再生-
  2. 設定>システム>ディスプレイ> HDRおよびHDRをサポートする少なくとも1つのディスプレイを備えたデバイスの詳細なカラー設定。
  3. [設定]> [アプリ]> [デフォルトアプリ]> [アプリごとにデフォルトを設定]-以前は、プロトコルまたはファイルタイプごとのデフォルトしか管理できませんでした。このビルドでは、アプリを選択できます。 Microsoft Edgeを使用して、デフォルトのファイルタイプとプロトコルを選択します。これにより、以前使用していたページが従来のコントロールパネルから削除されます。
  4. [ネットワーク接続のプロパティ]ページが更新されました-このPCを発見可能にしてください。
  5. Windows Update設定ページを開くと、Windows Updateに関するグループポリシーポリシーが強調表示されるようになりました。
  6. [設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]には、個々の更新ステータスと進行状況が一覧表示されます。したがって、複数の更新を一度にダウンロードしてインストールする場合は、それぞれを個別に追跡できます。

手書きの改善

新しいXAMLベースの手書きパネルがWindows 10ビルド16125に導入されました。これにより、いくつかの領域で改善がもたらされます。

  • 新しい変換とオーバーフローモデル-書くときに単語がテキストに変換され、ペンを持ち上げると書き続けることができるようにテキストが左に移動します。
  • 手書きパネルが開いているときに選択したテキストを編集するオプション。
  • 手書きパネル内から、またはインクジェスチャーを使用してテキストを修正します。
  • ペン使用時の指のインクに対する保護の強化(ペンとWindowsのインク設定には、明示的に指のインクを有効にする新しいオプションが付属しています。
  • [設定]> [更新とセキュリティ]> [デバイスを探す]の新しい[ペンを探す]機能。
  • ペンでのスクロールがサポートされるようになりました(現時点ではUWPアプリのみ)。
  • ペンでの選択を見直しました。

ゲームモードの変更

Windows 10でゲームのパフォーマンスを向上させることを目的とした特別なモードであるゲームモードにも、いくつかの改善が加えられました。

  • Windows-Gで起動できるゲームバーには、現在アクティブなゲームのゲームモードを有効または無効にするボタンがあります。
  • ゲームバーでは、HDRで実行されているゲームのスクリーンショットを撮ることができます。
  • ミキサーの改善、例えばゲーム放送中のビットレートの変更はよりスムーズで「よりシームレス」である必要があります。
  • Microsoftによると、ゲームモードのリソースは、一般的なPC構成、たとえば6および8コアCPUデバイス用に調整されており、ゲームのパフォーマンスが向上しています。

その他の変更

color filters windows

最後に、新しいWindows 10 Insider Previewビルドで導入された他の変更を簡単に見てみましょう。

  • LinuxのWindowsサブシステムは、開発者モードに依存しなくなりました。
  • ランタイムブローカーはアプリごとになりました。以前は、すべてのUWPアプリがセッション全体のランタイムブローカーを使用していました。マイクロソフトによれば、これは「リソース属性、リソース管理、フォールトトレランスの向上」に役立つはずです。
  • レジストリエディターは、モニターごとのDPI対応になりました。
  • ナレーターと点字のアクセシビリティーの向上、カラーフィルターのサポートは、[設定]> [操作のしやすさ]> [カラーとハイコントラスト]でサポートされます(グレイスケール、反転、グレイスケール反転、重度盲目、第1群目、第3層目をサポート)。
  • 日本語入力方式エディターと繁体字中国語入力方式エディターの改善
  • 言語パックは、[設定]> [時間と言語]> [地域と言語]からインストールできます。