Windows 10スタートメニューStartIsBack ++ 2.0リリース

StartIsBack ++ 2.0.1は、Windows 10のスタートメニュー置換プログラムの最新バージョンであり、 クラシックシェル そして Start10 。

StartIsBack + for Windows 8.1のバージョンを確認しました それがリリースされたときに戻ってきました。以前にそのバージョンを使用したことがある場合は、Windows 10のStartIsBack ++ 2.0.1が表にもたらすものをすでに十分に理解しています。

プログラムの最後のバージョンは2016年10月に遡り、バージョン1.3.4です。アプリケーションのバージョン2.0に何が起こったかはわかりません。

StartIsBack ++ 2.0.1 for Windows 10は商用プログラムです。 30日間テストできますが、引き続き使用する場合は、2.99ドルの適正価格でライセンスを購入する必要があります。これは、Stardockが優れたStart10プログラムに対して請求する$ 4.99よりもさらに安価です。

StartIsBack ++ 2.0

startisback 2.0.1

StartIsBack ++ 2.0.1は、Windows 10システムに同梱されているスタートメニューを、たとえばWindows 7のスタートメニューに似たカスタムメニューと交換します。

ソフトウェアには、3つの異なるスタートメニュースタイルと、使用可能なオプションのリストからカスタムスタートメニューボタンを選択するオプションが付属しています。

以前にプログラムを使用したことがある場合は、プロセスに新しいオプションが追加されていることがわかります。

startisback themes

これには、タスクバーを完全にスキンするオプションが含まれます。 StartIsBack ++ 2.0.1には、Windows 7およびWindows 8のタスクバースタイルが含まれており、外観メニューでクリックすることで有効にできます。

これにより、Windows 7のスタートメニューにWindows 10のタスクバーを表示したり、デフォルトのWindows 10のスタートメニューにWindows 8のタスクバーとWindows 7のスタートボタンを表示したりできます。

設定で外観をさらにカスタマイズできます。オプションには、カスタムスタートメニューとタスクバーの色の選択、またはWindows XPスタイルのフライアウトメニューの有効化が含まれます。

その他の改善に関する限り、スタートメニューで設定アプリケーションを直接展開するようにプログラムを設定できます。これにより、選択用の設定アプリケーションのすべてのページが表示されます。

このオプションはデフォルトでは有効になっていないため、[スタートメニュー]のオプションで有効にする必要があります。ページの右側の項目の下にある設定アプリを探し、その状態をメニューに切り替えます。

そこには、従来のコントロールパネルと同じオプションがあり、デフォルトでは表示されないアイテムの表示も有効にする場合があります。

StartIsBack ++ 2.0.1には、改良された設定アプリケーション検索も付属しています。いくつかの文字を入力するだけで、入力した内容と一致するすべての設定ページがプログラムによって返され、すばやく開くことができます。

もう1つの新機能は、スタートメニューのWindowsアプリアイコンでファイルをドラッグアンドドロップして開くことのサポートです。

高DPI画面に接続されたデバイスで作業しているユーザーは、高DPIのサポートも改善されていることに気付くでしょう。

インストール後にプログラムの機能をカスタマイズするための設定を行うことをお勧めします。たとえば、最新のアプリをすべて非表示にしたり、クイックアクセスのためにスタートメニューにカスタムフォルダーを追加したりするためのオプションがたくさんあります。

おわりに

StartIsBack ++ 2.0.1は、オリジナルのWindows 10スタートメニューをカスタムバージョンに置き換えます。これを使用して、Windows 10マシンでクラシックスタートメニューを表示し、他の多くのスタートメニューやタスクバー関連のオプションを調整することもできます。

では、あなた :コンピューターでスタートメニューの置き換えを使用していますか?