Windowsのお気に入りがファイルダウンロードのセキュリティ警告ポップアップをスローする

最新のWindows PCでお気に入りフォルダーからお気に入りを開くと、いつでもファイルのダウンロード-セキュリティ警告のポップアップが表示される場合があります。

ポップアップは、「このファイルを開きたい」かどうかを尋ねるセキュリティ警告です。名前、タイプ、場所が一覧表示され、そのインターフェイスに[開く]ボタンと[キャンセル]ボタンが表示されます。

奇妙なことに、これはWindowsのお気に入りフォルダでお気に入りを操作する場合にのみ発生するということです。

同じお気に入りを別の場所に移動した場合。デスクトップまたはダウンロードすると、デフォルトのWebブラウザーでWebアドレスが正常に開きます。

ファイルダウンロードセキュリティ警告ポップアップ

favorites file-download security warning

報告書 サポートされているバージョンのWindows用の9月のセキュリティパッチをMicrosoftがプッシュした直後に、新しい動作についての報告が始まりました。

ユーザーは問題を特定することに成功しました KB3185319 、Internet Explorerの累積的な更新プログラム。アップデートをアンインストールすると、問題は解消されます。

ただし、これはInternet Explorerのセキュリティ問題を修正しているため、実際にはお勧めできません。

このセキュリティ更新プログラムは、Internet Explorerで報告されたいくつかの脆弱性を解決します。これらの脆弱性のうち最も深刻なものは、ユーザーがInternet Explorerで特別に細工されたWebページを表示した場合にリモートでコードが実行される可能性があります。

お気に入りフォルダにあるすべてのファイルを処理して、警告ポップアップを表示しないようにすることができます。ただし、1つの問題は、フォルダーに追加する将来のお気に入りには対応しないことです。

現時点での唯一の解決策は、コマンドを再実行してそれらも対象にすることです。

  1. Windowsキーをタップし、cmdと入力してEnterキーを押します。
  2. 次の2つのコマンドを順番に実行します
  3. PUSHD C: Users user_name Favorites-user_nameを、問題の影響を受けるユーザーの名前に置き換えてください。
  4. ICACLS * .URL / L / T / SETINTEGRITYLEVEL MED

最初のコマンド- プッシュ -コマンドラインで[お気に入り]フォルダーを開きます。必要に応じて、CDを使用して手動でナビゲートすることもできます。

2番目のコマンド- ICACLS -詳細な説明が必要です。ファイルのアクセス制御リストを表示または変更するように設計されています。

  • / t-すべてのサブディレクトリを含むディレクトリ内のすべてのファイルに対して操作を実行します。
  • / l-宛先に対してシンボリックリンクに対して操作を実行します
  • / setintegritylevel med-指定したファイル(この場合はすべての.urlファイル)の整合性レベルを中に変更します。

コマンドを実行すると、お気に入りフォルダ内から開いたすべてのお気に入りが、ファイルダウンロードのセキュリティ警告プロンプトなしで開かれることがわかります。 (経由 Windowsレポート

では、あなた :システムで問題が発生していますか?