Windows Vista Service Packのダウンロード

マイクロソフトは、32ビットおよび64ビットシステム用のWindows Vista Service Pack 1およびService Pack 2のスタンドアロンバージョンをリリースしました。

この点でスタンドアロンとは、更新がローカルシステムにダウンロードされ、そこから実行または配布できることを意味します。スタンドアロンパックは、配布用にCDまたはDVDに書き込むことができる実行可能ファイルまたはISOイメージとして利用できます。

MicrosoftのWindows Updateサービスを介してサービスパックのアップデートをダウンロードするよりも優れている点は、ダウンロードが1回で済むことです。

x台のコンピューターシステムでネットワークを維持している場合、Windows Updateを使用すると、更新をx回ダウンロードする必要があります。

1台のコンピューターのみを更新する場合は、ダウンロードがはるかに小さくなるため、代わりにWindows Updateを使用することをお勧めします。この主な理由は、Windows Updateではコンピューターにインストールされている更新プログラムの言語バージョンのみがダウンロードされ、スタンドアロンのディストリビューションではすべての言語バージョンがダウンロードされるためです。

windows vista sp2

スタンドアロンファイルをダウンロードする場合は、ファイルがシステムにダウンロードされたらすぐに更新を実行できます。

一方、ISOイメージを使用する前に、まずCDまたはDVDにマウント、抽出、または書き込みする必要があります。

すべてのWindows Vista Service Packダウンロードリンク

便利なリンク

Windows Vista Service Pack 1(SP1)のインストール方法を学ぶ -VistaシステムにService Packをインストールできるユーザーを説明する詳細なガイド。 Service Packが既にインストールされているかどうかを確認する方法、およびシステムにService Packを自動または手動でインストールする方法に関する情報を提供します。それに加えて、SP1を再度アンインストールする方法を強調しています。

Windows Vista SP2展開ガイド -Vista SP2をコンピューターシステムにインストールするためのさまざまな展開オプションの一覧。

Windows Vista SP1に含まれる修正プログラム -VistaのService Pack 1の内容を知りたい場合は、Microsoft TechNetのページをご覧ください。 Service Packに含まれているすべての更新が一覧表示されます。

Windows Vista SP2に含まれる修正プログラム -2番目のVista Service Pack(SP2)について同じ情報をリストします。

Windows Vista Service Packのインストール後にファイルをクリーンアップする -更新され、システムのディスク領域を解放するために不要になったファイルを削除できます。

プロフェッショナル向けWindows Vista Service Packガイド -サービスパックに関する詳細情報を提供する専門家向けのドキュメント。