非表示のWindows 7ツールでドライブを安全にワイプ

PCやハードドライブを取り除くと、あらゆる種類の個人データが盗まれるのを待っている可能性があることは常に心配です。これは、ビジネスコンピューターに関してはさらに重要です。

サードパーティから入手できるさまざまな種類のハードディスクワイピングパッケージが常に存在しますが、Windows 7には、ハードディスク全体だけでなく特定のフォルダーも安全に消去するための独自の無料の組み込みツールがあることをご存知ですか?

cipher.exe ツールは何年も前から存在しており、Bitlockerに先行し、Windows 2000で初めて導入されたEFS(暗号化ファイルシステム)機能の管理に使用されています。このツールは、(管理者として)コマンドプロンプトから実行されます。

Windows 7では、Microsoftがツールに新しいスイッチを追加しましたが、このスイッチは間違いなく使用する必要があります。

コマンドは単純です 暗号/ w:x: folder ワイプする場所をx: folderに置き換えます。たとえば、 D: ドライブまたはあなたの C: Users Mike Halsey Music フォルダ。

これにより、一連の0、1、次にランダムな文字がドライブまたはフォルダーのすべてのセクターに書き込まれ、そこに格納されているデータが安全に消去されます。信じてください、これを何気なく行うと、後でデータを取り戻すことはできません。

Microsoftは、この機能は、消去する必要のある空のフォルダーとドライブをクリアするためのものであり、高価なサードパーティソフトウェアの費用を節約する優れた方法であると述べています。

したがって、次回ハードディスクをアップグレードするときは、お金を無駄にせず、代わりに暗号化してください。

すべてのパラメーターのリストを表示するには、cipher /?を実行します。コマンドラインで。これにより、すべてのパラメーターと、その使用目的を説明する短い説明が表示されます。

更新 :同じ操作を実行できる無料のサードパーティツールがあります。 消しゴムはプログラムの一つです そのために使用できます。フォルダー、ハードドライブ、またはドライブの空きディスク領域にあるデータを簡単にプログラムで消去できます。